格安SIMとは?

最終更新日時:

格安SIM

格安SIMとは、MVNO事業者が提供する低価格の通信契約プランのことを一般的に指します。
そのため、「格安SIM」とは別に「激安SIM」とも呼ぼれることもあるようです。

ジムーバでは価格順に紹介した激安SIMもあります。
ぜひ参考にしてください。

SIMカードとは?

2014年から、テレビや新聞などで話題にのぼるようになった「格安スマホ」。イオンやヨドバシカメラなどの携帯電話売り場で、通常のスマホよりも安く使えることを謳い文句に販売されているのを目にしたことがある方もいるかもしれません。そんな格安スマホの売り場には、あわせて「格安SIM」が多数販売されています。この格安SIMは、スマホを安く使うにあたって、切っても切り離せない関係にあります。

SIMカードって何?

「SIM」とは、スマートフォンや携帯電話で利用する電話回線の情報が記録された、小さなメモリーカードのことです。最近の携帯電話やスマートフォンは、端末に電話番号が登録されていません。SIMを端末にセットすることでメモリー領域に書き込まれた電話番号を持つ機器として動作するようになります。

SIMには、電話番号の他に、どの事業者と通信をするのかといった回線情報が書き込まれています。たとえば、ドコモのスマートフォンには、電話番号のほかに、ドコモと通信をするための情報が入っているのです。このSIMは入れ替えることが可能で、例えば友人の端末を借りて、自分のSIMカードをセットすれば自分の電話番号で電話をかけたり、ネットにつないだりといったことができるようになります。

端末に電話回線の情報が記録されたSIMカードをセットして使います

屋外通信ができるタブレットやノートでも使われている

ドコモやau、ソフトバンクなどから販売されている、屋外通信可能なタブレットにも、SIMカードが装着されています。また、一部のノートパソコンにも、SIMカードスロットを搭載したモデルがあります。

SIMと格安SIMの販売形態について

ドコモやauといった大手通信事業者で携帯電話を契約するときも、もちろんSIMカードが提供されています。ただ、店頭では携帯電話の機種変更や新規契約時に、携帯電話端末にSIMをセットした状態で受け渡しが行われるため、通常はSIMの提供を受けていると意識することがありません。このように、大手通信事業者はSIMカードと携帯電話端末を同時に販売するのが一般的です。一方、格安SIMは、ユーザーが自分で端末を持っていることを想定して、SIMのカードだけを販売するという形態の商品です。

端末は別で用意する

ドコモなどの大手通信事業者で携帯電話を契約する際は、店頭で好きな携帯電話端末を選択して、SIMカードも同時に購入するのが一般的ですが、格安SIMを使用する場合は端末を自分で用意しなければいけません。使用する端末によって使用できるSIMカードも変わってきます。イオンやヨドバシカメラなど、利用できるスマホを並売する業者もあります。

大手事業者でスマホを契約する場合

店頭で端末にSIMをセットした状態で受け取ることができる

格安SIMを使用する場合

SIMカードとスマホを自分で購入し、ネットで開線手続きをする

格安スマホ売り場の多くを占める「格安SIM」

格安SIMは、家電量販店などに売り場があります。さまざまな事業者がサービス内容の異なる格安SIMを販売しているので、売り場には実に多彩な商品が並んでいます。

格安SIMと、大手事業者のSIMの違いは、受けられるサービスの内容にあります。大手事業者は、インターネット接続に加えて音声通話やビデオ配信といったサービスも提供しています。さまざまなサービスが利用できますが、その分高価です。格安SIMは、データ通信など基本サービスに絞って低価格を実現しています。

量販店の格安SIM売り場には、多数の商品が並んでいます。それぞれにサービス内容が異なっているので、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。
量販店の格安SIM売り場の様子

なかには、ショップオリジナルの格安SIMを提供している場合もあります。下の写真はヨドバシカメラブランドの格安SIMです。
ショップオリジナルの格安SIMについて

ドコモやauから回線を借りる「MVNO」

数多くの事業者が参入している格安SIMですが、回線提供者の元をたどると、ドコモやau といった大手事業者に行き当たります。その理由は、企業が無線免許を取得しているか、していないかの違いです。

現在、国内の携帯電話販売企業のうち、無線免許を取得しているのはドコモ、au、ソフトバンクといった大手の通信事業者のみ。そのうち、ドコモとauは、他社に無線通信・通話回線を貸し出しています。その回線を借りて、プロバイダ接続サービスなどを独自に付加しているのが格安SIM事業者となります。こうした事業体のことを「MVNO」と呼びます。

大手事業者の場合

SIM回線大手事業者の場合

格安SIMの場合

格安SIM事業者は無線通信や通話用の回線は持たず、ドコモやauといった大手通信事業者から借りています。
格安SIM事業者は無線通信や通話用の回線は持っていません

格安SIM事業者の商品を購入すると、ドコモやauのSIMカードが入っています。各事業者は大手事業者の通信回線を借りているからです。
格安SIM事業者の商品は大手事業者のSIM

このSIMをスマートフォンにセットすることで、インターネットへ接続できるようになります。
SIMをスマートフォンにセット

まとめて借りた回線をユーザーに安く提供

「ドコモと直接契約しているわけではないのに、なぜ安いの?」といった疑問があります。通常は大手事業者でスマートフォンを個人契約するときは、1~5人程度の小口での契約になると思います。これに対して、格安SIM事業者は大口の回線をまとめて借りて、ユーザーに安く提供しています。航空券などを購入するとき、全日空や日本航空からチケットを買うより、旅行代理店からのほうが安く入手できるのと似たようなものだと考えていいでしょう。