MVNOとは?

最終更新日時:

MVNOとは

格安SIMカードの提供会社は、ドコモやauの回線を借りる「MVNO」としてサービスを行っています。ここでは、その 「MVNO」について解説していきます。

格安スマホ・格安SIMの解説によく登場する「MVNO」という単語の正式名称は「Mobile Virtual Network Operator」で、「仮想移動体通信事業者」という意味です。

かんたんに説明するとMVNOとはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の通信インフラを借り受けてサービスを提供している事業者のことで、格安SIMのサービス提供者をMVNOと考えると理解しやすいかと思います。

MVNOが利用料金を安くできる理由は、移動体通信事業者の通信ネットワークを利用するため、設備投資費を安くできることが挙げられます。
また、一定量をまとめて安く借り受けた回線を分割して利用者に振り分けていることで、容量や速度の制限は大本の移動体通信事業者より厳しくなるが、格安な価格を実現しています。

通信インフラの貸出元は、大手キャリアであるNTTドコモやau、ソフトバンクです。

「格安SIM」と聞くと通信エリアが心配になるかと思いますが、大手キャリアを利用したサービスとなるため、安心してお使いいただけるのではないでしょうか。

仮想移動体通信事業者(MVNO)と移動体通信事業者(MNO)

MVNO

「MVNO」の詳細な説明に入る前に、まず「移動体通信事業者(MNO)」について解説します。

移動体通信事業者とは、国から無線通信サービスの認可をもらっているキャリアのことです。

キャリアの間ではさまざまな競争が行われているが、無線通信には使用できる帯域や容量に制限があり、新しい会社への参入には国から高いハードルが課せられています。

MVNOとは、これらのキャリアが持っている通信ネットワークを借り受けてサービスを提供している会社のこととなります。 移動体通信事業者を増やすことはなかなかできませんが、参入の条件を緩くしたMVNOによって通信事業者間の競争を活発にしたいという国の意図もあって登場しました。

日本での登場した最初の例は、2001 年の「b-mobile」となります。
これは、日本通信がウィルコム(旧DDIポケット)のPHSパケット通信網を利用して提供した定額データ通信サービスで、以後さまざまな会社が参入して現在に至ります。

今後はより格安SIMカードが使いやすく!?

携帯電話には、利用者の識別を行うICカード(=SIMカード)が使われています。
端末側でこのSIMカードの情報を読み取っていますが、現在流通しているスマホやiPhoneの大半は、SIMロックという制限がかかっています。

日本では各キャリアの窓口でiPhoneを購入するとSIMロックがかけられるのが実情です。

そのため、ソフトバンクのiPhone4で使っているSIMカードをドコモのiPhone5に差し替えても、そのままでは通信・通話ができないようになっています。

一方、海外ではこのような制限がないほうが一般的で、たとえばappleストアではSIMロックフリーのiPhoneを買うことができ、SIMカードを差し込めばどのキャリアでもそのまま使うことができます。

今後は日本も海外のように制限を緩和していく方針で、SIMロックが解除されればこのような不便がなくなり、利用者が自由に端末やキャリアを変えられるようになっていくでしょう。

SIMロック解除に関するガイドライン
総務省が発表したガイドライン

これまで、「モバイルビジネス活性化プラン」(2007年)や「SIMロック解除に関するガイドライン」(2010年)が出されていたものの、実施については各キャリアの自主性に任されていました。
しかし、2014年6月30日に総務省は「SIMロック解除に関するガイドライン」を公表しました。

この発表をうけて、2015年5月のSIMロック解除義務化が始まり、大きな動きを見せています。

SIMフリーあるいは安価でロックを解除できるようになれば格安SIMカードもますます使いやすくなっていくでしょう。

格安SIMカードはドコモのMVNOが圧倒的多数

2014年にauとソフトバンクがMVNOへのネットワーク提供を開始し、ドコモ、au、ソフトバンクの3社がこちらでも並びました。

2014年7月からは、ケイ・オプティコムがauの回線を利用した「mineo」(マイネオ)を展開。
2015年9月からはドコモ回線も提供しマルチキャリアMVNOとなる予定です。

2015年7月現在では、月額回線利用料が安くサービス開始時期も先行していたドコモのMVNOが圧倒的なシェアを誇っています。

一方でソフトバンクの回線を利用したサービスはまだ出てきてません。 ただし、こちらも今年中には登場する見通しです。

参入する会社の数が増えて、さらなる価格や通信品質の競争が起き、格安SIMカードの環境がより良くなることを期待したいですね。

具体的なMVNOはどんなところ?

代表的なMVNO事業者は下表の通りで、プロバイダーやインターネットサービスで聞いたことある会社もあるのではないでしょうか。
各MVNOの評判や特徴もジムーバで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

会社名 サービス名
株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJmio
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
OCN モバイル ONE
日本通信株式会社
日本通信株式会社
b-mobile
株式会社DMM.com
株式会社DMM.com
DMMモバイル
プラスワン・マーケティング株式会社
プラスワン・マーケティング株式会社
freetel
株式会社ケイ・オプティコム
株式会社ケイ・オプティコム
mineo
ニフティ株式会社
ニフティ株式会社
NifMo
楽天株式会社
楽天株式会社
楽天モバイル
株式会社 U-NEXT
株式会社 U-NEXT
U-mobile
ビッグローブ株式会社
ビッグローブ株式会社
BIGLOBE高速モバイル
ソフトバンク株式会社
ソフトバンク株式会社
Y!mobile
トーンモバイル株式会社
トーンモバイル株式会社
TONE
UQコミュニケーションズ株式会社
UQコミュニケーションズ株式会社
UQ mobile
株式会社NTTぷらら
株式会社NTTぷらら
ぷららモバイルLTE
ソネット株式会社
ソネット株式会社
So-net
エックスモバイル株式会社
エックスモバイル株式会社
もしもシークス
株式会社インターリンク
株式会社インターリンク
インターリンクLTE SIM
イオンリテール株式会社
イオンリテール株式会社
イオンモバイル
LINEモバイル株式会社
LINEモバイル株式会社
LINEモバイル
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
nuroモバイル