キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と格安SIMを徹底比較

公開日:2015/08/11
著者:格安SIM & SIMフリースマホ パーフェクトマニュアル

最終更新日:

大手通信事業者が提供する豊富なサービスとは異なり、格安SIMはデータ通信のみだったり、音声通話とSMSのみだったりと非常にシンプルです。両社の違いを詳しく見てみましょう。

料金を徹底比較

大手通信事業者と格安SIMでは基本料金に大きな違いがあります。簡単に言えば、格安SIMは提供されているサービスが少なく、シンプルな構成となっているので安くなっています。

大手通信事業者より半額~1/3の月額使用料金になると話題の格安SIM。
大手通信事業者より半額~1/3の月額使用料金になると話題の格安SIMの図式

格安SIMが大手通信事業社より安い理由とは

格安SIMが大手通信事業者に比べて大きく安い理由は、サービス内容の違いにあります。大手通信事業者は「音声通話」を基本に、データ通信やキャリアメール、ビデオ配信サービスなどのオプションを積み上げて最終的な月額料金が決定します。「新規契約時に長い説明を聞かされ、気付いたら多数のオプションに加入させられていた」という話もあるほど、大手通信事業者は多数のサービスを提供しています。

一方、格安SIMでは「データ通信専用」をベースとして、「音声通話」や「SMS」、「IP電話」といった付加サービスが付いたSIMがそれぞれ個別に販売されています。店頭で購入したりオンラインで契約するので、知らない間に不要なオプションに加入していたということもありません。そもそも、格安SIM事業者は大手事業者に比べて提供するサービスが少なく、「出先でインターネットを見られればいい」というユーザーにとって必要充分なものとなっています。

格安SIMは機能を絞り込んでいるから安い

格安SIM事業者の提供するサービスは音声通話とインターネット接続のみとなっている場合がほとんどです。
格安SIMフリースマホ

多すぎるほど豊富なサービスが提供される大手キャリア

大手通信事業者が販売するスマートフォンの利用可能なサービスは、実に豊富です。旧来の携帯電話(フィーチャーフォン)がベースとなっているため、スマートフォンが標準対応している「Gmail」「iCloud メール」といったウェブメールサービスに加えて、携帯電話時代から利用されてきた「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」といったキャリアメールがそのまま利用できるようになっています。

それだけではありません。かつては「iモード」を中心として、キャリア独自の携帯電話向けに多彩なコンテンツプラットフォームが確立していました。着メロやコミックの配信、占い、携帯アプリ販売といった課金サービスをスマートフォンでも行えるようになっており、インターネットの定額利用料とは別に、「接続料」も1サービスとして残っています。

格安SIM の業者は、スマートフォンが普及し始めてから参入した企業がほとんどです。そのため、携帯電話時代の古い仕組みに対応する必要がなく、インターネットへの接続というシンプルなサービスの提供に専念することができます。メールやコンテンツの配信などは、もともとスマートフォンのOS が標準で持っているストアやウェブメールの機能を利用すればいいのです。

豊富な機能を兼ね備えた大手通信事業者のスマホ

ドコモやauといった大手通信事業者のスマホは、音声通話やインターネット接続に加えてさまざまなサービスを提供しています。
大手通信事業者のスマホ

格安SIMにもオプションプランが用意されている

格安SIMにもオプションプラン 比較的シンプルな格安SIMにも、いくつかのオプションプランが用意されているものがあります。たとえば、IIJmioの音声通話付きSIM「みおふぉん」では転送電話や国際ローミングといったオプションが用意されています。IIJmioの音声オプションはウェブページで確認できます。

つながりやすさを徹底比較

2014年7月現在、おもに格安SIMの事業者に向けて回線を提供しているのは、ドコモとau の2社となります。格安SIMは、回線を借りている大手事業者の電波を利用するので、ドコモの回線のSIMもドコモの端末も、つながりやすさは変わりません。

しかしauから回線を借りている格安SIM(2014年7月現在では『mineo』のみ)は、通信可能なエリアが異なります。「mineo」で接続可能なのはLTEの電波のみのため、auの通信圏内であっても、基地局がLTEに対応していなければ通信することができません。

ドコモの回線を利用している格安SIMは、3GとLTEの両方に対応しているので、ドコモと同じ圏内で通信することができます。

ドコモの回線を使用している格安SIM

「IIJmio」や「OCNモバイルONE」といったほとんどの事業者はドコモの回線を利用しています。そのため、ドコモのスマートフォンと同じエリアで通信をすることができます。
ドコモの回線の同じ基地局の3G/LTE電波を利用

auの回線を使用している格安SIM

auが回線元となっているmineoでは、auの3G回線が利用できず、LTEのみ通信ができます。そのため、通信可能な場所が本来のauの電波が届くエリアに比べて若干狭くなってしまいます。
ドコモの回線の同じ基地局の3G/LTE電波を利用

※ほとんどの格安SIMがドコモの回線を利用しています。2014年8月現在、格安SIMのうち、auの回線を利用しているのは「mineo」のみです。

大手キャリアと格安SIM料金構成の違い

オプションサービスを除いた場合でも、大手事業者と格安SIMとの料金体系は大きく異なっています。格安SIMに通話やSMSといったサービスを付加しても、3年後にはおよそ2倍近くの差が出るほどの違いがあります。

大手事業者はかけ放題プランが必須に

大手事業者はかけ放題プラン 2014年から各社で始まった、24時間の電話かけ放題サービス。現在大手事業者のみの提供となっていて、月々2,916円の負担で他社や固定電話問わず、さまざまな番号への定額通話ができます。電話をよく利用するビジネスパーソンなどには嬉しいサービスです。あまり電話をしないという人向けに、780~980円程度からの料金が設定された基本プランがありますが、2014年夏以降は新規加入ができなくなりました。

格安SIMには音声の定額通話プランがない

一方、格安SIMでは、「090」などの携帯電話から発信する音声通話の定額プランはありません。しかし、30秒あたり21~26円の従量制通話サービスを、月々700 円程度で付加することができるようになっています。

そのため、通話をあまり利用しないという場合であれば、格安SIMを選択することで音声通話料だけでも2,000円以上の料金負担を減らすことが可能になります。

また、大手通信事業者では、インターネットに接続する際、定額パケット料金に加えて324円の「ネット接続料」が必須です。対する格安SIMは、ネット接続料がデータ定額料に組み込まれているため、さらなる月額料金の圧縮が可能になっています。

電話とインターネットを利用する場合の月額料金の内訳の例

ドコモのカケホーダイとデータSパックを利用した場合の月々の料金は7,020円。一方、格安SIM事業者のIIJが提供するサービス「IIJmio」を利用した場合は、データ通信の定額と従量制の音声通話を組み合わせて1,728円で利用可能です。
電話とインターネットを利用する場合の月額料金

無料通話が含まれる格安SIMも?

2014年8月現在、格安SIMでは通話料金が定額となるプランはありません。代わりに、一定額の無料通話分を含む格安SIMは、So-netから「+Talk S」プラン(月額2,476円のうち無料通話分800円含む)のみ提供されています。

端末の一括購入でも1年目から大きな差が出る

ドコモやau、ソフトバンクでは、端末を購入時に2年縛りの割引サービスに申し込むことで、月々の端末代金の割賦支払い額の負担を大幅に減らす施策を行っています。携帯電話ショップなどで「実質0円」と謳っている商品などは、こうした割引サービスによる恩恵といえます。この割引サービスは、端末の一括購入時でも有効にすることができます。たとえば、iPhone 5s 16GBのドコモショップでの一括購入価格は72,576円です。

この額を購入時に支払うと、月々の割賦金額が0円、通話料やパケット定額などの利用料が7,020円となります。そして、iPhone 5s購入時に有効となった月々サポートが3,024円割り引かれますので、実際の月額料金は3,996円です。

割引後の金額と比較しても、格安SIMに音声通話プランを付加した状態のほうが低く抑えられます。アップルストアからSIMフリーのiPhoneを購入して、自力で格安SIMの契約を行うことで、1年目からお得に使うことができるのです。

1年目から2万円以上の差が出る

料金プランを利用し、iPhone 5sで利用した例。ドコモショップでの一括購入価格は72,576円。格安SIMで利用するSIMフリー版のiPhone 5sの価格は73,224円。それぞれこの価格に、月額料金や初期費用を積み重ねていくと、1年目から格安SIMの料金の恩恵を受けられることがわかります。
料金プランを利用し、iPhone 5sで利用した例

ドコモと格安SIMでの料金の違い

  端末代金(iPhone 5s 16GB) 初期費用(SIM代金など) 1~2年目の月額料金 3年目以降の月額料金
ドコモ 72,576円 3,024円 3,996円 7,020円
IIJmio 73,224円 3,024円 1,728円 1,728円

(著者:格安SIM & SIMフリースマホ パーフェクトマニュアル)

格安SIMカードの基礎知識

  • SIMカードとは?格安スマホの乗り換えのための完全ガイド
    2016/07/25 ビギナー必読
    SIMカードとは?格安スマホの乗り換えのための完全ガイド
    格安スマホにしたいけど「どのSIMにすれば良いのか」「どの端末(スマホ)にすれば良いのか」「どうやってSIMカードを交換すれば良いのか」分からない方のために、今回は格安スマホの乗り換えのための完全ガイドをご紹介します。端末選びで注意すべき点にも触れます。
  • 格安SIMとは?メリット・デメリットと厳選格安SIMで超節約
    2016/06/28 ビギナー必読
    格安SIMとは?メリット・デメリットと厳選格安SIMで超節約
    「格安SIM」や「格安スマホ」とよく耳にするけど、難しくてよくわからないから手を出せない。という人は多いのではないでしょうか?こちらでは、格安SIMの正体、メリット&デメリットを簡単に紹介いたします。オススメのサービスについてを触れていくのでぜひ閲覧ください。
  • iPhone 6sを買う前に!格安SIM最速ベスト3を最新の実効速度データ2万件から分析してみた
    2015/09/11 ビギナー必読
    iPhone 6sを買う前に!格安SIM最速ベスト3を最新の実効速度データ2万件から分析してみた
    格安SIMで気になるのは格安SIMを提供している通信事業者(MVNO)の通信の品質。 通信エリアは同等ですから、実際の通信速度すなわち実効速度が速いMVNOを選びたいところ。 ここでは2万件以上の最新の実効速度の分析から、iPhone 6sを高速で使えるMVNOを紹介します! ただ、みんなで利用すると帯域が狭くなる心配も! そこで、利用する場所や時間帯で快適に利用できるMVNOの調べるテクニックも教えちゃいます!
  • 中古のスマホを購入する
    2015/09/07 ビギナー必読
    中古のスマホを購入する
    中古の格安スマホの購入も視野に入れておきたい方法の一つです。PC系家電量販店のウェブサイトには中古端末ページがあるので、スマートフォンのページに移動して探してみましょう。ドコモ端末を探すのも有効です。
  • GoogleのPlayストアでNexusを購入する
    2015/09/07 ビギナー必読
    GoogleのPlayストアでNexusを購入する
    Googleが運営するオンラインストア「Play ストア」で、Android端末であるNexus 5 を購入してみましょう。キャリアで購入するAndroid機と違い、素の状態のAndroidOSが楽しめます。「Play ストア」から購入方法をご紹介します。
  • 格安SIMが使える端末の見分け方
    2015/09/03 ビギナー必読
    格安SIMが使える端末の見分け方
    格安SIMを利用するためには、端末がSIMカードに対応していることが前提です。対応可能な端末の見極め方法や条件を知らべれば、格安SIMの恩恵に預かることが可能ですのでしっかり理解しておきましょう。
  • au端末で格安SIMを利用する方法
    2015/09/02 ビギナー必読
    au端末で格安SIMを利用する方法
    au の端末についてはSIMフリーと謳ってはいますが、ドコモやソフトバンクのSIMの利用はできません。auの端末間であればユーザーが任意で差し替えが可能となっています。これをau内ではSIMフリーと呼んでいますが、他の回線では利用できないため一般的には「キャリアロックフリー」と呼ばれています。
  • SIMフリーのiPhoneやiPadを購入する
    2015/09/02 ビギナー必読
    SIMフリーのiPhoneやiPadを購入する
    2013年の11月、待望のSIMフリー版iPhoneがアップルストアにて販売開始されました。好きなSIMカードを選択できるのは嬉しいところです。しかも、AppleIDを使いこなせば常に同じ状態に保てるところがiOSのメリットです。海外旅行や出張でも現地のSIMを挿入することができるので、1台ですべてを賄うことができます。さらに、2014年7月より、SIMフリーのiPadも販売が開始されました。
  • ソフトバンク端末で格安SIMを利用する方法
    2015/09/01 ビギナー必読
    ソフトバンク端末で格安SIMを利用する方法
    ソフトバンクにもSIMロック解除に対応した端末があります。サポートページで最新の対応状況を確認しておきましょう。
  • ドコモ端末で格安SIMを利用する方法
    2015/08/31 ビギナー必読
    ドコモ端末で格安SIMを利用する方法
    多くの格安SIMがドコモのネットワークを利用しています。そのため、ほとんどの端末がSIMロックを解除しなくても格安SIMを利用できます。
  • SIMサイズと対応端末の傾向について知る
    2015/08/27 ビギナー必読
    SIMサイズと対応端末の傾向について知る
    現在、国内で利用できるスマートフォン端末で利用できるSIMには、3 つのサイズが存在します。利用する端末に対応するサイズを確認し、適切なサイズのSIMを選択するようにしましょう。
  • 格安SIMで利用できないサービスは?
    2015/08/17 ビギナー必読
    格安SIMで利用できないサービスは?
    大手通信事業者が提供している便利なサービスのうち、キャリア決済や年齢認証といったサービスは格安SIMでは利用できません。
  • 1.まずは知ろう!格安SIMの世界
    2015/05/14 ビギナー必読
    1.まずは知ろう!格安SIMの世界
    格安SIMって何?デメリットあるのでは?私もおトクになるの?が分かります
  • 2.格安SIMのメリットを知ろう
    2015/05/19 ビギナー必読
    2.格安SIMのメリットを知ろう
    格安SIMってどんなメリットがあるの?値段が安くなるだけなの?大手キャリアと比較して、 どんなところにメリットがあるのかをまとめています。
  • 3.格安SIMのデメリットを知ろう
    2015/05/19 ビギナー必読
    3.格安SIMのデメリットを知ろう
    格安SIMのデメリットは何があるの?値段が安くなるだけですむの?そんな疑問にお応えします。
  • 4.格安SIMはこんな人にオススメ!
    2015/05/20 ビギナー必読
    4.格安SIMはこんな人にオススメ!
    格安SIMはどういう人にオススメなの?チェックリストであなたが格安SIMに合うかをチェック!
  • 格安SIMが使える端末とは
    2015/08/07 ビギナー必読
    格安SIMが使える端末とは
    MVNOという事業体のおかげで、通信料金を下げられるということはわかりましたが、次に「そのSIMが使える端末はどのようにして用意すればいいのか」という疑問にぶつかります。ここでは格安SIMが利用できる端末について説明していきます。
  • LTE高速通信を理解する
    2015/08/11 ビギナー必読
    LTE高速通信を理解する
    格安SIMでも、大手キャリアのスマートフォンと同様の高速通信が可能です。ADSLといった固定回線と比べても速度面で遜色なく、広範囲で高速にインターネットを楽しむことができますが、いくつか の注意が必要です。
  • キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と格安SIMを徹底比較
    2015/08/11 ビギナー必読
    キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と格安SIMを徹底比較
    キャリアが提供する豊富なサービスとは異なり、MVNOが提供する格安SIMはデータ通信のみだったり、音声通話とSMSのみだったりと非常にシンプルです。両社の違いを詳しく見てみましょう。

格安SIM購入マニュアル