過去の楽天モバイルの格安SIM速度比較

過去の楽天モバイルの実効速度データからなるレポートを掲載しています。

楽天モバイルの通信速度レポート一覧

過去2ヶ月分の楽天モバイルの通信速度レポートを掲載しています。

実効速度の概況: 2015年08月版 楽天モバイル

格安スマホの端末数も豊富でキャッシュバックのキャンペーンやポイントなどお得感のある楽天モバイルの気になる通信速度はどれくらいでしょうか。

月ごとの実効速度の推移をみると、7月下旬から8月下旬に向けて速度が速くなってきており、今後の推移が楽しみです。

平均的な速度としては3Mbps~6Mbpsとなっており、けっして早くはありませんがインターネットやWEBブラウジングをする程度では体感速度的には問題ないでしょう。
自宅や職場にWi-Fiがなく、スマホのアプリのダウンロードを頻繁に行う方など大きなデータを頻繁に通信する方はお気を付けください。

24時間のなかで実効速度の推移としては、17時~22時まで込み合うようで2~3Mbps程度になるようです。インターネットやFacebook、LINEなどは問題ないでしょうが通信速度としては遅いレベルですので速度にこだわりたい方は使い方をイメージして選ばれた方がよいでしょう。

MVNOの中でも大人気の楽天モバイル。今後の実効速度の改善に期待したいですね!

実効速度の概況: 2015年09月版 楽天モバイル

9月15日時点

実効速度が上昇していた楽天モバイルは9月で一転、下降しはじめました。

元々あまり速くない状況が続いていた楽天モバイルですが、9月現在は7~5Mbpsと低迷しています。

ランキング的には山口県で1位となっていますが7.5Mbpsと1桁台の速度です。唯一千葉県で10Mbpsを超えたようです。

24時間別では深夜の空いている時間帯は15Mbps前後まで出るようですが、やはり朝と昼、そして夕方から夜にかけてはかなり遅くなっています。18時から23時までは2Mbps前後という厳しい状態が続いています。WEBブラウジングやLINEなどのライトユーザーには問題ないレベルでしょうが、ゲームのアップデートなどではストレスを感じるかもしれません。

実効速度こそ遅い楽天モバイルですが、月額料金が最も安いベーシックプランを契約した場合はそもそも通信速度が最大200kbpsに制限されます。なのでSNSなどライトな使い方しかしないのであれば気にならないかもしれません。

楽天モバイルでは端末購入とセットで契約すると楽天スーパーポイントをプレゼントするキャンペーンを行っていたりするので、お得に格安スマホを手に入れたい人にオススメです。

9月30日時点

9月に入って下降し始めていた楽天モバイルの実効速度は4Mbpsで踏みとどまりました。

24時間別のグラフを見るとよく分かるのですが、楽天モバイルは深夜に15Mbpsを超えるものの日中はずっと1桁、特に夕方以降は2Mbps前後と低空飛行です。

都道府県別の実効速度ランキングを見ても特別速い地域があるわけでもなく、実効速度としては下位のMVNOと言わざるを得ません。

ただしそれは通信速度の面での話で、楽天モバイルはセール時に端末価格が半額になるキャンペーンが行われたりするのが魅力です。また音声通話付きのプランが月額1,250円から利用できるというのも特徴の1つですね。

ブラウジングや各種SNSぐらいならストレスなく使えるレベルの速度なので、上手くキャンペーンを利用すれば美味しいMVNOとなりそうです。