楽天モバイルの電波は大丈夫?

公開日:2016/04/21
著者:GARNET

最終更新日:

楽天モバイルの電波は大丈夫?

「適正料金」を強調している、格安スマホ事業者の楽天モバイル。最近はTVCMや駅の広告などでもよく見かけますよね。

格安スマホは料金が安いのは良いですがその品質、特に「データ通信の実効速度」は事業者によって大きく異なります。

ユーザーの増加に設備増強が追いつかない事業者だと、ストレスを感じるほど通信速度が遅いものもあります。

楽天モバイルの電波は大丈夫なのでしょうか?

音声通話はドコモと全く同品質

格安スマホの電波は大丈夫?キャリアとの品質の差についてでも説明したように、

音声通話の品質に関してはキャリアであるドコモと全く同じ品質のものが利用できます。

対応端末であればVoLTE(ボルテ)の高品質な通話も可能です。

ただし、楽天モバイルに限らずVoLTEに対応している格安スマホ自体が少なく、また楽天でんわのようなプレフィックスサービスはVoLTEに対応していない点に注意が必要です。

その場合は3Gの品質となります。

しかし、3GでもIP電話よりは安定しており、十分クリアな音質の通話が利用できます。

なので楽天モバイル、および楽天でんわの通話品質は全く問題がないと言えます。

他社と差が出てくるのはデータ通信のほうです。

2015年10月から実効速度が大幅に改善

楽天モバイルはサービス開始当初から、格安スマホ事業者(≒MVNO)の中でも実効速度が遅い部類の存在でした。

しかし2015年10月6日からは大幅に改善したと評価が上昇中で、現在MVNOの中でもトップクラスの実効速度を誇っています。

ドコモから直接回線を買い付けるようになった

ドコモから直接回線を買い付けるようになった

実はそれまでの楽天モバイルは、回線を提供している大元のドコモとの間にMVNEと呼ばれる事業者を介していました。

この事業形態はSIM再販型と呼ばれ、他社のサービスをほぼそのまま再販売しているので思うように設備投資ができなかったものと思われます。

そこでこれと並行して、10月6日からはレイヤ2接続型(L2接続)と呼ばれる通信サービスの提供を開始しました。

こちらはドコモから直接回線を買い付け、自社で通信設備を備えるために多大なコストを必要とします。その代わりに独自サービスの提供や、帯域の調整などを自由に行うことができるようになるのです。

2015年10月6日以降に楽天モバイルを契約したユーザーには新しいAPNが割り当てられており、現在新規契約するとL2接続している帯域のほうが利用できます。

なので、最近楽天モバイルを契約したユーザーならかなり快適にデータ通信を利用できているハズです。

因みに再販型で契約したユーザーも見捨てられたという訳ではなく、今後も設備投資を行い両者の品質に差が出ないようにサービスを提供していく予定としています。

取扱い端末は全てLTE対応

楽天モバイルの取り扱い端末にも目を向けてみましょう。

楽天モバイルはドコモの回線を利用しているので、ドコモのサービスエリアと全く同じ範囲で通信が可能です。

そして販売している端末もドコモ回線での利用を想定して作られているので、全ての機種がドコモのLTE回線に対応していますが、機種によっては電波が繋がりにくいなどの状況が発生する恐れはあります。

サービスエリア内ならLTEに繋がるわけではない?

サービスエリア内ならLTEに繋がるわけではない?

これは格安スマホ全般に言えることですが、特に海外製端末の場合はドコモが提供している電波を十分に利用できない機種が少なくありません。

例えば、Huawei製のhonor6 PlusはLTEの800MHz帯(Band19)に対応していません。

この800MHz帯はいわゆるプラチナバンドと呼ばれる帯域で、主に山間部などの電波が繋がりにくいエリアを中心に展開されています。

なので山間部に住んでいる人がhonor6 Plusを購入すると、LTEに繋がらなくてデータ通信速度が非常に遅い…なんてことになりかねません。

全国的に普及している2GHz帯(Band1)や東名阪で高速に通信できる1.7GHz帯(Band3)に対応している格安スマホは多いですが、山間部など電波が届きにくいエリアで活動される方は800MHz帯(Band19)に対応している機種を選ぶようにしましょう。

なお、3Gに関してはFOMAプラスエリアと呼ばれる800MHz帯(Band6と19)の対応が重要になってきます。

少し難しい話ですが、これさえ気を付けておけば電波が繋がりにくいということはなく、ドコモと同じ繋がりやすさで快適に利用することができます。

まとめ

楽天モバイルの実効速度は数あるMVNOの中でも現在トップクラスです。

電波の周波数帯について難しいことも書きましたが、最新機種ならほとんどが上記3つのLTE+αに対応しているので問題ありません。

楽天モバイルの電波の品質は全く問題なく、自信を持ってオススメできます。

記事でピックアップした格安SIMカード

記事でピックアップしたSIMフリースマホ

honor6 Plus

honor6 Plus

ダブルレンズカメラにより撮影後の再ピント合わせ・デジタル絞り加工を可能にしたカメラ特化モデル。...

取り扱いMVNO業者

楽天モバイル
公式サイトを見る

新着記事

人気記事

  • 1 かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    2015/08/03 ビギナー必読
    かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    SIMの挿し方について説明しています。誰でもかんたんにできるので、方法を見てみましょう!
  • 2 格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    2016/03/15 ビギナー必読
    格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    ドコモメールを利用していれば、格安スマホでドコモメールの送受信が可能になります。ドコモメールは基本使用料に加えspモード(月額300円)を払えば利用できるので、通話用にドコモの携帯電話とデータ通信用の格安スマホを持てば、通信費を節約しながらキャリアメールを利用することが可能です。こちらでは設定方法を説明します。
  • 3 楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    2016/04/22 ビギナー必読
    楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話番号でメッセージを送受信する機能です。格安スマホでもオプションに加入したり、対応プランを契約することで利用することができます。こちらでは楽天モバイルでSMSを使うために知っておくべき事項を確認しましょう。
  • 4 遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    2016/09/02 ビギナー必読
    遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    先日国内で発売されたMotorola製のSIMフリースマートフォンMoto G4 Plusは 、なんと4Gと3Gの組み合わせのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しました。遂に国内でも同時待受けが可能となったのです。しかし同時待受けが可能と聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回はデュアルSIMデュアルスタンバイのメリットとデメリットについて説明しましょう。
  • 5 ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    2016/02/15 ビギナー必読
    ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    スマホユーザーなら誰でも1度はゲームアプリで遊んだことがあるでしょう。容量の軽いゲームならそれほど高いスペックは要求されませんが、3Dのオンラインゲームなど高度で複雑な処理をするものは相応の性能機器を必要とします。ゲームに適した格安スマホとはどんな端末なのでしょうか?
  • 6 楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    2016/02/12 ビギナー必読
    楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    大手キャリアの携帯電話から格安スマホへ乗り換えると今まで利用していたキャリアメールは使えなくなってしまいます。楽天モバイルでは2016年1月28日より楽天メールの提供を始めました。楽天メールとGmailなどのフリーメール、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。