楽天モバイルのかけ放題はお得?他社との比較

公開日:2016/03/10
著者:GARNET

最終更新日:

楽天モバイルのかけ放題はお得?他社との比較

2016年1月、楽天でんわに新たなオプションが登場しました。

5分かけ放題オプション」はその名の通り、1回の通話時間が5分以内であれば何度発信しても通話料は無料になります。

他社の類似サービスと比較してみて、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」は一体どのようなユーザーに向いているのでしょうか?

MVNOの通話定額サービス

最近のMVNOの多くはプレフィックスの通話料割引サービスを提供しています。

その中でも楽天モバイルのような定額オプションを用意しているMVNOはBIGLOBEくらいしかありません。NifMoでんわは定額で通話できますが、楽天でんわなどとは異なりIP電話なので単純には比較できません。

詳しくはIP電話付きSIMの特徴で説明しています。

その他のプレフィックスサービスは一律10円/30秒で、それ以上の割引やオプションはありません。

料金が一律なら楽天スーパーポイントが還元される楽天でんわがお得です。ただし5分かけ放題オプションを申込めるのは楽天モバイルユーザーだけです。

以上、比較できそうなMVNOは、

楽天モバイルBIGLOBENifMoの計3社ということが分かりました。


それではそれぞれの通話定額サービスの特徴について比較してみましょう。

通話定額サービスの比較

MVNO
楽天モバイル
BIGLOBE
NifMo
割引サービス
楽天でんわ
BIGLOBEでんわ
NifMoでんわ
オプション
5分かけ放題
通話パック60
(国内かけ放題プラン)
月額料金
850円
650円
1,300円
通話単価
10円/30秒
10円/30秒
-
備考
5分以内の通話は何度でも無料。5分超過分は有料。
1,200円(60分)分の無料通話付き。無料通話超過分は有料。
緊急通報などは不可。対象の国内通話は無料。

いずれの定額サービスもそれぞれの音声通話付きSIMの契約が必須です。

3社とも月額1,600円で3GBプラン(楽天のみ3.1GBプラン)を提供しているのでそこは省略して考えてよいでしょう。

最も分かりやすいのはやはりNifMoでしょうか。

110番などの緊急通報ができない、通話品質は電波状況に左右される、データ容量を消費するなどのデメリットはありますが対象の国内通話は何分通話しても定額料金に収まります。ただし月額料金は1,300円と高めです。

BIGLOBEの通話パック60は月額650円で1,200円分の無料通話が付きます。

一昔前に大手キャリアで主流だった料金体系と似ていますね。10円/30秒の通話料が1,200円分まで無料になるので、実質最大60分までは定額で通話可能ということになります。

一方で楽天モバイルのオプション、5分かけ放題の月額料金は850円とやや安め。

5分以内の通話であれば何回掛けても無料で通話できます。

ただし5分を超過した場合は30秒毎に10円加算されます。

完全に定額、1回の通話が5分以内なら定額、合計が60分以内なら定額と、それぞれ割引の仕方が異なるので料金を見ただけでは単純に比較できそうにないですね。

それでは具体的な利用スタイルを想定して比較してみましょう。

通話品質を気にしない、長時間&大量通話するならNifMoでんわ

とにかく電話しまくる!多少通話品質が悪いのは目を瞑る!

という人なら完全に通話料が定額になるNifMoでんわを検討する余地があるでしょうか。

BIGLOBEでんわの通話パック60との差額が750円ですが、これは37.5分の通話料に相当します。

つまり1か月の通話時間が97.5分以内ならBIGLOBEでんわの通話パック60を利用したほうがお得という計算になります。

あまり電話は掛けないけど、たまに長電話をするならBIGLOBEでんわ

なので、そこそこ通話をする人ならNifMoよりもBIGLOBEのほうがオススメです。

IP電話ではなく3G回線を使った通話なので音質も安定しています。

1回の通話で5分以上話すことはあるけども、合計通話時間はせいぜい60~90分程度という人には通話パック60がピッタリですね。

楽天モバイルの5分かけ放題が向いてる人は?

さて、それでは楽天モバイルの「5分かけ放題を利用するとお得な人」とはどんな使い方をしている人なのでしょうか?

5分以内なら無料と言っても、5分の通話をに12回=1,200円分しか掛けないのであればBIGLOBEのほうが月額が安いぶんお得です。

しかし毎回5分ギリギリまで通話するということもないでしょう。

なので実際は15回くらい掛けるのでないと得にはならなさそうです。

また電話を掛ければ良いというものでもなく、5分を超過してしまうと追加料金が発生します。

1回の通話で10分通話すれば5分ぶん加算されて100円ですね。

ということは10分以上の通話を6回以上してしまうとNifMoでんわのほうが安く済みます。

これらを総合すると楽天モバイルでお得に通話できるユーザーは、

2日に1回くらいのペースでたくさん電話を掛けるけども、そのほとんどが5分以内の短い通話で10分を超える長電話は月に5回程度しかしない人

ということになります。

まとめ

とにかく「回数は多いけども、長電話はしない!」という人にうってつけなのが

楽天でんわ5分かけ放題オプションです。

この5分かけ放題は楽天モバイルユーザーだけが利用できるオプションですが、

利用スタイルが合えば非常にお得なオプションなのでぜひ有効活用しましょう。

記事でピックアップした格安SIMカード

新着記事

人気記事

  • 1 かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    2015/08/03 ビギナー必読
    かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    SIMの挿し方について説明しています。誰でもかんたんにできるので、方法を見てみましょう!
  • 2 格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    2016/03/15 ビギナー必読
    格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    ドコモメールを利用していれば、格安スマホでドコモメールの送受信が可能になります。ドコモメールは基本使用料に加えspモード(月額300円)を払えば利用できるので、通話用にドコモの携帯電話とデータ通信用の格安スマホを持てば、通信費を節約しながらキャリアメールを利用することが可能です。こちらでは設定方法を説明します。
  • 3 楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    2016/04/22 ビギナー必読
    楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話番号でメッセージを送受信する機能です。格安スマホでもオプションに加入したり、対応プランを契約することで利用することができます。こちらでは楽天モバイルでSMSを使うために知っておくべき事項を確認しましょう。
  • 4 遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    2016/09/02 ビギナー必読
    遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    先日国内で発売されたMotorola製のSIMフリースマートフォンMoto G4 Plusは 、なんと4Gと3Gの組み合わせのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しました。遂に国内でも同時待受けが可能となったのです。しかし同時待受けが可能と聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回はデュアルSIMデュアルスタンバイのメリットとデメリットについて説明しましょう。
  • 5 ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    2016/02/15 ビギナー必読
    ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    スマホユーザーなら誰でも1度はゲームアプリで遊んだことがあるでしょう。容量の軽いゲームならそれほど高いスペックは要求されませんが、3Dのオンラインゲームなど高度で複雑な処理をするものは相応の性能機器を必要とします。ゲームに適した格安スマホとはどんな端末なのでしょうか?
  • 6 楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    2016/02/12 ビギナー必読
    楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    大手キャリアの携帯電話から格安スマホへ乗り換えると今まで利用していたキャリアメールは使えなくなってしまいます。楽天モバイルでは2016年1月28日より楽天メールの提供を始めました。楽天メールとGmailなどのフリーメール、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。