店頭購入が可能な楽天モバイルの店舗について

公開日:2016/03/02
著者:GARNET

最終更新日:

店頭購入が可能な楽天モバイルの店舗について

格安スマホはインターネット販売が主流で、スマホに詳しくないライトユーザーにとっては敷居が高くなってしまっているのが現状です。

そんなネット中心の格安スマホ事業者が多い中、楽天モバイルは珍しく全国38店舗(2016年2月10日時点)で店頭販売を行っています。

楽天モバイルはWEBサイトも開設しておりインターネット経由で購入することも可能ですが、店頭で購入することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

全国38店舗の楽天モバイルショップ

2016年2月10日現在の楽天モバイルショップの設置店舗数は地域別に以下のようになっています。

  • 【東北】:宮城県(3店舗)
  • 【関東】:東京都、神奈川県、埼玉県(14店舗)
  • 【東海】:愛知県、静岡県、岐阜県(6店舗)
  • 【関西】:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県(13店舗)
  • 【中国】:広島県、岡山県(2店舗)

なお最新の店舗情報はコチラで確認できます。

東京、大阪、愛知など人口が多い地域に集中していますが、それでもMVNOとしてこれだけの店舗を展開しているのは珍しく、これは楽天モバイルの強みでもあります。

まだまだ新店舗を展開中のようなので、北は北海道、南は九州や沖縄まで開店することを期待したいですね。

店頭購入のメリットとは?

それでは格安スマホが店頭で購入できるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

即日開通、MNPでも当日に端末を受け取れる!

楽天モバイルは通常WEBで申込むとSIMカードや端末の到着、開通までに数日の時間を要します。またMNP、他社から乗り換えで契約する場合には数日間利用できない期間が生じてしまいます。

しかし楽天モバイルショップなら申込んだ当日に開通、端末もその場で受け取ることが可能です。

もちろんMNPでも当日中に手続きが完了するので、電話番号が使えなくなる期間は生じません。

これはインターネット購入に対してすごく大きなメリットです。

あと購入した端末をその場で確認できるので、外装の破損など初期不良が見つかった場合はすぐ対応してもらうこともできますね。

通販だと端末を送り返す手間などが掛かりますが、店頭で購入すればそういったリスクが減らせます。

専門のスタッフから直接説明を受けられる!

多くの人にとって格安スマホ最大のハードルはコレではないでしょうか。大手キャリアと違ってインターネット販売がメインの格安スマホは、基本的に何事も自分で調べて手続きを進めなければいけません。

しかし店舗であれば専門のスタッフが対応してくれるので、分からないことはすぐその場で説明を聞くことができます。公式サイトのお問い合わせフォームや電話で相談することもできますが、対面で直接話を聞くほうが安心できますよね。

楽天モバイル専門のスタッフから直接話を聞くことができる。ライトユーザーにとってはこれが最大のメリットではないでしょうか。

実際に端末に触ることができる!

キャリアショップや量販店では当たり前のように展示されていますが、楽天モバイルショップでも取扱っている機種の実機に触ることができます。

スマホに限りませんがインターネット通販では実物を見たり触れることができないのが大きなデメリット。購入してからイメージと違った…なんてことがありがちですよね。

しかし、楽天モバイルショップなら購入前に実物を確認することができます。

最近は一般の量販店でも多くのSIMフリースマートフォンが展示されていますが、特に楽天モバイルはLiquid Z330honor6 Plusなど独占販売している機種がいくつかあり、これらは他ではなかなか見ることができません。

楽天モバイルショップは、取扱い機種を実際に見ることができる数少ない場所でもあるのです。

店舗限定のセールを開催!

楽天市場などオンラインショップで時々セールが行われるように、楽天モバイルショップの一部店舗でもセールが開催されることがあります。

過去のセールでは量販店に併設されているような小さい店舗は対象になっていませんが、主要な楽天モバイルショップでは対象の端末が半額で購入できるなどお得なセールが開催されています。

オンラインショップほど開催頻度は多くありませんが、楽天モバイルショップが近くにある人はこちらのセールもチェックしておくと良いかもしれません。

まとめ

楽天モバイル自体はWEBサイトからも購入、契約することができます。

しかし、もし手続きに不安があったりスマホの実機を直接に確かめてみたいのであれば、お近くの楽天モバイルショップを利用してみると良いでしょう。

MNPで開通するまでに電話番号が使用できなくなるといったこともないので、逆にスマホを手放すことができないほどよく使う人にとっても大きなメリットがあります。

楽天モバイルショップは全国どこでも…と言えるほどまだ店舗数は多くありませんが、他のMVNOではなかなか受けられないサービスです。

機会があればぜひ一度お立ち寄りになってみてはいかがでしょうか。

記事でピックアップした格安SIMカード

記事でピックアップしたSIMフリースマホ

honor6 Plus

honor6 Plus

ダブルレンズカメラにより撮影後の再ピント合わせ・デジタル絞り加工を可能にしたカメラ特化モデル。...

取り扱いMVNO業者

楽天モバイル
公式サイトを見る

Liquid Z330

Liquid Z330

本体価格が1万円台前半のLTE対応格安スマホが登場しました。Android 5.1を搭載してい...

新着記事

人気記事

  • 1 かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    2015/08/03 ビギナー必読
    かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    SIMの挿し方について説明しています。誰でもかんたんにできるので、方法を見てみましょう!
  • 2 格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    2016/03/15 ビギナー必読
    格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    ドコモメールを利用していれば、格安スマホでドコモメールの送受信が可能になります。ドコモメールは基本使用料に加えspモード(月額300円)を払えば利用できるので、通話用にドコモの携帯電話とデータ通信用の格安スマホを持てば、通信費を節約しながらキャリアメールを利用することが可能です。こちらでは設定方法を説明します。
  • 3 楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    2016/04/22 ビギナー必読
    楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話番号でメッセージを送受信する機能です。格安スマホでもオプションに加入したり、対応プランを契約することで利用することができます。こちらでは楽天モバイルでSMSを使うために知っておくべき事項を確認しましょう。
  • 4 遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    2016/09/02 ビギナー必読
    遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    先日国内で発売されたMotorola製のSIMフリースマートフォンMoto G4 Plusは 、なんと4Gと3Gの組み合わせのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しました。遂に国内でも同時待受けが可能となったのです。しかし同時待受けが可能と聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回はデュアルSIMデュアルスタンバイのメリットとデメリットについて説明しましょう。
  • 5 楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    2016/02/12 ビギナー必読
    楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    大手キャリアの携帯電話から格安スマホへ乗り換えると今まで利用していたキャリアメールは使えなくなってしまいます。楽天モバイルでは2016年1月28日より楽天メールの提供を始めました。楽天メールとGmailなどのフリーメール、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
  • 6 ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    2016/02/15 ビギナー必読
    ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    スマホユーザーなら誰でも1度はゲームアプリで遊んだことがあるでしょう。容量の軽いゲームならそれほど高いスペックは要求されませんが、3Dのオンラインゲームなど高度で複雑な処理をするものは相応の性能機器を必要とします。ゲームに適した格安スマホとはどんな端末なのでしょうか?