楽天モバイルの設定方法は簡単?届いてからする初期設定とは

公開日:2016/02/23
著者:GARNET

最終更新日:

楽天モバイルの設定方法は簡単?届いてからする初期設定とは

格安スマホを購入する場合は通常APNなどの初期設定を行う必要があります。

スマートフォンはSIMカードを入れるだけで音声通話は可能ですが、データ通信を行いインターネットに接続するためにはAPN設定が不可欠です。

この設定作業は慣れていないと難しく感じるかもしれませんが、楽天モバイルの場合はどのような設定をすれば良いのでしょうか。

楽天モバイルは初期設定済みの端末が送られてくる!

実は楽天モバイルの格安スマホはAPNが設定済みの状態で送られてきます。

つまりセット販売端末を購入した方は、同梱されているSIMカードを挿入するだけでインターネットも利用することができるのです。すごく簡単ですね。

しかしSIMカードのみを契約した場合は、利用する端末に楽天モバイルのAPN情報を入力しないといけません…と言ってもそこまで難しくはありません。

AndroidのAPN設定方法

機種により細かい項目名は異なりますが、

「設定」→「モバイルネットワーク」→「APN(アクセスポイント名)」

などからAPN設定画面を呼び出せます。

そこで以下の情報を入力し、新規APNを追加します。

  • APN:rmobile.jp
  • ユーザー名:rm
  • パスワード:0000
  • 認証方法:PAPまたはCHAP

接続設定(APNの設定)を手動で行う(Android編)

iOSのプロファイルインストール方法

iPhoneなどiOS端末で利用するためにはAPN情報を入力するのではなく、MVNOが作成した構成プロファイルをインストールする必要があります。

Wi-Fiに接続したiPhoneでSafariを開き、

http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/voice.mobileconfig

にアクセスしてください。

するとインストールの確認が求められるので、内容を確認してインストールを実行してください。

アンテナピクトが立ち、3G(H)や4G(LTE)などが表示されれば接続成功です。

なおSMSなしのデータSIMを契約した場合、アンテナピクトが立たなくてもインターネットに接続できていることがあります。

いわゆるアンテナピクト問題で、セルスタンバイ問題が発生している可能性があります。

【参考】意外と知らない?!SMSの必要性
【参考】格安SIMのSMSは必要?特徴や注意点のまとめ

Googleカウントの設定

AndroidスマートフォンでアプリをダウンロードするためにはGoogleアカウントでログインする必要があります。楽天モバイルで購入した格安スマホでもこの作業はユーザー自身が行わないといけません。

Wi-Fiに接続するか、APN設定を済ませてインターネットに繋がったらGoogleアカウントでログインしましょう。

まだアカウントを持っていない人も次の記事を参考に作成してみましょう。

【参考】格安スマホでアプリを使ってみよう

Googleアカウントのバックアップ/復元機能

以前使用していたAndroid端末と同じGoogleアカウントでログインするとデータのバックアップ/復元機能が利用できます。

以前の端末でバックアップが有効になっており、かつオンライン同期が有効になっているデータは新しい端末で自動的に復元することができます。

この機能により同期されるデータは電話帳や写真、動画などです。

ただしGoogleアカウントに紐づけられたデータだけが同期されるので、例えばドコモの電話帳アプリで登録されたデータに関しては同期されません。

アドレス帳のデータを移行しよう!

フィーチャーフォン、ガラケーに保存した電話帳や、キャリアの電話帳アプリに保存した電話帳のデータ移行はSDカードを利用するのが便利です。

電話帳を開いてメニューから「エクスポート」のような項目を探し、SDカードにデータを保存しましょう。SDカードを利用できない機種の場合はUSBメモリなどの外部ストレージや、SIMカードに保存できないこともありません。

保存したSDカードを新しい端末に入れ替えて、今度は電話帳のメニューから「インポート」を探してエクスポートしたデータをコピーすれば完了です。

因みにAndroidならSDカードにエクスポートする以外にも、共有コマンドからEメールなど他の手段でデータを送ることができる場合もあります。

写真や動画も同じ要領で移行できます

Googleのフォトアプリを利用している場合は写真や動画も自動バックアップされるので簡単にデータを同期することができます。

Googleフォトを利用していなくても、SDカードに保存しておけば新しい端末に挿すだけで移行完了です。端末に保存されている場合も同じようにエクスポートするか、共有コマンドで任意の方法でデータを送信することが可能です。

初期設定で分からないことはスマホサポート窓口へ!

電話帳や写真データの移行に関しては、セット販売端末の購入者限定ですがオプションで設定サービスが提供されています。

また初期設定全般に関して、月額500円のスマホサポートオプションに加入すると電話で相談を受け付けてくれます。こちらのオプションはどなたでも自由に加入・廃止が可能なので、気軽に利用することができますね。

セット販売端末に関してはAPNが設定済みの状態で送られてくるので、届いてすぐにインターネットに繋がります。アプリのダウンロードにはGoogleアカウントの設定が必要ですが、他の格安スマホよりはハードルが低いのではないでしょうか。

記事でピックアップした格安SIMカード

新着記事

人気記事

  • 1 かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    2015/08/03 ビギナー必読
    かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    SIMの挿し方について説明しています。誰でもかんたんにできるので、方法を見てみましょう!
  • 2 格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    2016/03/15 ビギナー必読
    格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    ドコモメールを利用していれば、格安スマホでドコモメールの送受信が可能になります。ドコモメールは基本使用料に加えspモード(月額300円)を払えば利用できるので、通話用にドコモの携帯電話とデータ通信用の格安スマホを持てば、通信費を節約しながらキャリアメールを利用することが可能です。こちらでは設定方法を説明します。
  • 3 楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    2016/04/22 ビギナー必読
    楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話番号でメッセージを送受信する機能です。格安スマホでもオプションに加入したり、対応プランを契約することで利用することができます。こちらでは楽天モバイルでSMSを使うために知っておくべき事項を確認しましょう。
  • 4 遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    2016/09/02 ビギナー必読
    遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    先日国内で発売されたMotorola製のSIMフリースマートフォンMoto G4 Plusは 、なんと4Gと3Gの組み合わせのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しました。遂に国内でも同時待受けが可能となったのです。しかし同時待受けが可能と聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回はデュアルSIMデュアルスタンバイのメリットとデメリットについて説明しましょう。
  • 5 楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    2016/02/12 ビギナー必読
    楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    大手キャリアの携帯電話から格安スマホへ乗り換えると今まで利用していたキャリアメールは使えなくなってしまいます。楽天モバイルでは2016年1月28日より楽天メールの提供を始めました。楽天メールとGmailなどのフリーメール、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
  • 6 ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    2016/02/15 ビギナー必読
    ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    スマホユーザーなら誰でも1度はゲームアプリで遊んだことがあるでしょう。容量の軽いゲームならそれほど高いスペックは要求されませんが、3Dのオンラインゲームなど高度で複雑な処理をするものは相応の性能機器を必要とします。ゲームに適した格安スマホとはどんな端末なのでしょうか?