楽天モバイルで簡単にプラン変更できる?

公開日:2016/02/10
著者:GARNET

最終更新日:

楽天モバイルで簡単にプラン変更できる?

楽天モバイルにはデータSIM、SMSありデータSIM、通話SIMの3種類のSIMタイプと、

それぞれ4種類のプランが用意されています。

4つのプラン間の変更は可能ですが、手続きに関してはいくつか注意しなくていけない点があります。

変更手続きと、それらの注意点について確認しておきましょう。

楽天モバイルのプラン変更方法

最初に契約したプランだとデータ容量が足りなかった、あるいは容量が余ったのでもっと安いプランを選べばよかった…そんな場合は契約プランを変更しましょう。

WEBのメンバーズステーションから、手数料無料で簡単に手続きできます。

ただし変更内容によっては1回の手続きで完了しなかったり、別途費用が発生する場合があります。またその他にもいくつか注意点があります。

プラン変更の注意点

プラン変更は受付期間中に申込みが完了すると翌月から新しいプランが適用されます。

なので楽天モバイルのSIMカードが届いた当月中は変更できませんが、

以下の期間中であれば当月も申請することは可能です。

  1. 2015年10月6日以降に申込んだ方:毎月1日0時から25日23時59分
  2. 2015年10月5日以前に申込んだ方:毎月1日0時から20日23時59分

楽天モバイルを申込んだ時期により手続き可能な期間が異なる点に気をつけてください。

これから楽天モバイルを申込まれる方は25日23時59分まで受付可能です。

また前者はプラン変更申請後でも、予約取り消しボタンが表示されている間はキャンセルすることが可能です。一方で後者について、前月より繰り越した通信量はプラン変更が実施された時点で消失するので注意が必要です。

以下は共通の注意事項です。

データSIM→通話SIMなどタイプが異なるプラン変更は不可

4つのプラン間は自由に変更できますが、SMSの有無に関わらず、データSIMから通話SIMや、通話SIMからデータSIMへ、変更することはできません。

どうしてもこれらの変更を行いたい場合は、一旦楽天モバイルを解約してから再度契約しなければいけません。

通常のプラン変更であれば手数料は無料ですが、再び契約するということは契約手数料が発生します。

さらに通話SIMから変更する場合、最低利用期間の12か月以内に解約してしまうと違約金9,800円が発生します。

解約するとその電話番号は使用できなくなる点も考慮して慎重に判断しましょう。

SIMサイズの変更と同時に手続きすることは不可

プラン変更はSIMカードの再発行を伴いません。

なので新しくSIMカードを発行する必要があるSIMサイズの変更手続きとは別々に申込まないといけません。SIMサイズの変更手続きには手数料4,000円が必要です。

初回契約時のおすすめプラン

データSIMと通話SIMのどちらを選ぶかはその人の使い方次第ですが、データ容量に関しては3.1GBか5GBのプランを選択しておくのが無難です。

アプリを利用すれば低速通信に切り替えられる!

1番安いベーシックプランを利用したい場合でも、まず他のプランで契約してから最大200kbpsの低速通信を体験してみるのが良いでしょう。

専用アプリを利用すれば、データ容量を使い切っていなくても低速通信に切り替えることが可能です。

もし低速に耐えられなくなっても契約翌月まではプランを変更できないので、初めは3.1GBプランを契約して専用アプリを使って確かめてみましょう。

200kbpsでも大丈夫と判断したら翌月からプラン変更すればOKです。

3日間あたりの通信量に制限あり!

逆にデータ容量が大きい10GBプランもあまりオススメしません。

楽天モバイルでは1か月のデータ容量制限とは別で、3.1GBプランの場合は3日当たり540MB、5GBプランは1GB、10GBプランは1.7GBを超えるデータ通信を行うと通信速度が制限されます。

例えば、契約月の残り期間が15日だった場合、5GBプランならちょうど5GBまで高速通信が可能です。しかし10GBプランの場合は8.5GBまでしか高速通信できない計算になります。短期間に大容量のデータ通信を行うのは難しいのです。

データ容量が余った場合は翌月に繰り越せますが、繰り越したとしても3日間制限があると消費しきるのは難しいかもしれません。

さらに月の途中に契約した場合は月末までにデータ容量を使い切れない可能性が高いでしょう。

そのため、月初めに契約する場合を除き、たくさん通信する人もまずは5GBプランを選択するのが良いのではないかと思います。

因みに最後の手段として追加料金を払ってデータ容量を追加することもできますし、データ容量を使い切る前に低速通信に切り替えて通信量を抑えることもできます。

なので自分がどれくらい通信しているのか分からないという人は、とりあえず3.1GBプランを選んでみると良いでしょう。

まとめ

楽天モバイルのプラン変更自体はWEBのメンバーズステーションから簡単に手続きできます。

しかし、データSIMから通話SIMへ切り替えるには一旦解約しなければいけない点など、手続きの内容によっては追加で費用が発生するので気をつけましょう。

また初回契約時に関しては3日間制限の存在に要注意です。

データ容量の繰り越しが可能なので、大容量のプランを契約したい場合でもまずは3.1GBか5GBプランを選ぶことをオススメします。

記事でピックアップした格安SIMカード

新着記事

人気記事

  • 1 かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    2015/08/03 ビギナー必読
    かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    SIMの挿し方について説明しています。誰でもかんたんにできるので、方法を見てみましょう!
  • 2 格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    2016/03/15 ビギナー必読
    格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    ドコモメールを利用していれば、格安スマホでドコモメールの送受信が可能になります。ドコモメールは基本使用料に加えspモード(月額300円)を払えば利用できるので、通話用にドコモの携帯電話とデータ通信用の格安スマホを持てば、通信費を節約しながらキャリアメールを利用することが可能です。こちらでは設定方法を説明します。
  • 3 楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    2016/04/22 ビギナー必読
    楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話番号でメッセージを送受信する機能です。格安スマホでもオプションに加入したり、対応プランを契約することで利用することができます。こちらでは楽天モバイルでSMSを使うために知っておくべき事項を確認しましょう。
  • 4 遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    2016/09/02 ビギナー必読
    遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    先日国内で発売されたMotorola製のSIMフリースマートフォンMoto G4 Plusは 、なんと4Gと3Gの組み合わせのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しました。遂に国内でも同時待受けが可能となったのです。しかし同時待受けが可能と聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回はデュアルSIMデュアルスタンバイのメリットとデメリットについて説明しましょう。
  • 5 ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    2016/02/15 ビギナー必読
    ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    スマホユーザーなら誰でも1度はゲームアプリで遊んだことがあるでしょう。容量の軽いゲームならそれほど高いスペックは要求されませんが、3Dのオンラインゲームなど高度で複雑な処理をするものは相応の性能機器を必要とします。ゲームに適した格安スマホとはどんな端末なのでしょうか?
  • 6 楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    2016/02/12 ビギナー必読
    楽天モバイルを利用するときメールアドレスはどうする?
    大手キャリアの携帯電話から格安スマホへ乗り換えると今まで利用していたキャリアメールは使えなくなってしまいます。楽天モバイルでは2016年1月28日より楽天メールの提供を始めました。楽天メールとGmailなどのフリーメール、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。