楽天モバイル オススメの機種一覧

公開日:2016/02/23
著者:GARNET

最終更新日:

楽天モバイル オススメの機種一覧

楽天モバイルは他のMVNOと比べて取り扱っているセット販売端末が豊富です。

そんな楽天モバイルの格安スマホについて、価格重視・スペック重視・女性向けの3つの観点からオススメの機種を厳選して紹介します。


本体価格が安い格安スマホ

格安スマホに最も求められるものは安さでしょう。

本体価格を重視する人にオススメの格安スマホが楽天モバイルには2機種あります。

格安スマホの中でも最安値級 Acer Liquid Z330

Acer Liquid Z330

まず紹介するのは台湾メーカー Acer製のLiquid Z330。

その本体価格はなんと12,000円で、LTE対応スマートフォンとしては最安値級の格安スマホです。

1.1GHzのクアッドコアに1GBのメインメモリなどかなり低スペックのように見えますが、Android 5.1を搭載しているのでLiquid Z330の性能でもサクサク動きます。

通話やメール、WEBサイトの閲覧がメインのライトユーザーなら十分満足できる性能です。

最近は5インチ以上の大型端末が主流ですが、Liquid Z330は4.5インチと小さめなのもポイントですね。

スマホに強いこだわりがなかったり、とにかく安く済ませたいという人にオススメです。

コスパ最強の格安スマホ ASUS ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 Laser

Liquid Z330だとディスプレイ解像度が低いしカメラもイマイチ、もう少し性能が良い機種が欲しい!という人はASUS製のZenFone 2 Laserが狙い目です。

ZenFone 2 Laserをオススメする理由は、楽天モバイル限定の8GBモデルが22,800円と比較的安価で手に入るからです。

通常の16GBモデルと比べるとバッテリー容量が若干少ないですが、その他の基本性能は同じです。

しかも8GBモデルを購入するともれなく16GBのSDカードが貰えるキャンペーンが行われているので、ストレージの容量不足も補うことができます。

一部SDカードには保存できないアプリやデータも存在しますが、単純な容量だけを見ると8+16GB=24GBなので16GBモデルを上回ります。

Liquid Z330と比較すると本体価格ではかなり差をつけられていますが、そのぶん性能面では全体的に上回っており、特にカメラに関してはレーザーオートフォーカスを搭載するなどかなり力を入れています。

低価格でもカメラの性能やデザインで妥協したくない人にはZenFone 2 Laserがオススメ!

コスパ最強の大人気機種です。

快適に動作するハイスペック端末

楽天モバイルでは高性能なSIMフリースマートフォンもたくさん取り扱っています。

どれも魅力的な端末で1つに絞るのはなかなか難しいですが、それぞれ他にはない特徴も持っています。

ダブルレンズの高性能カメラ搭載 Huawei honor 6 Plus

Huawei honor 6 Plus

Huawei製honor 6 Plusは楽天モバイルのみが販売しているハイスペック端末です。

1.8GHzと1.3GHzの駆動周波数が異なるオクタコアや3GBメモリを搭載するなど全体的に高い性能を備えています。

フルHD解像度の5.5インチディスプレイに大容量3,600mAhのバッテリーを搭載しているので電池持ちも安心です。

特徴的なのはダブルレンズを搭載したメインカメラ。それぞれはたった800万画素ですが、レンズを2枚搭載したことで光量や感光面積が2倍になりました。

一般的なスマホに比べて感光度が60%アップした超高感度カメラは、夜景でも低ノイズで綺麗に撮影することが可能です。

大容量4GBメモリ搭載の性能怪獣 ASUS ZenFone 2

ZenFone 2

4GBもの大容量メモリを搭載したスマートフォンはまだZenFone 2しか存在しません。CPUも2.33GHz クアッドコアとかなり高性能で性能怪獣の名は健在です。

駆動周波数の高さもさることながら注目すべきはやはり4GBのメモリRAMでしょう。この数値が大きいほど重い処理を同時に複数行うことができます。

スマートフォンでは画面を閉じていても裏で動き続けるアプリがたくさんあるので、RAMが少ないとスマホを使っているうちにだんだん動作が遅くなったりカクついてしまったりします。

現状では3GBでもほぼ問題ありませんが、メモリに余裕があるほうがスマホは快適に動きます。メモリ容量を重視するならZenFone 2のメモリが4GBのモデルがオススメです。

特に4GBメモリのZenFone 2は、ZenFoneシリーズの中でも最上級の位置付けです。

またシリーズほぼ全ての機種に言えますが、価格のわりに高性能で品質も良く、コストパフォーマンスに優れています。

快適な4GBメモリのスマホが欲しい人はZenFone 2一択です。

美しいハイスペック端末 Huawei Mate S

Huawei Mate S

メモリ容量こそZenFone 2に劣りますがそれでも3GBと十分。

2.2GHz+1.5GHz オクタコア搭載のHuawei Mate Sも素晴らしいスペックを備えています。

格安スマホとして最高級の性能を持ちながらデザインも妥協していません。5.5インチディスプレイの大型端末のわりには重量約156gと軽め。

スタイリッシュな狭額縁設計にフルメタルのボディは高級感があります。

本体価格も最高クラスですが、デザインも含めて価格に見合ったハイスペックな端末です。

女性向けデザイン・機能が搭載された格安スマホ

格安スマホと言えば黒色か白色の無骨なデザインばかり。女性向けの可愛らしい機種なんてほとんどありません。しかし、中には可愛らしいカラーやデザインの格安スマホも存在します。

スマホの見た目も妥協したくない女性にオススメの機種を3つピックアップしました。

パステルカラーの自撮り特化スマホ ASUS ZenFone Selfie

ZenFone Selfie

大人気ZenFoneシリーズの中でもZenFone Selfieは少し異色です。

ピンクやアクアブルーなどのパステルカラーは他のZenFoneとは違う色味で、女性に気に入っていただきやすいカラーではないでしょうか。

5.5インチの大型端末なので片手での操作はしんどいですが、最近は両手で操作すると割り切ってこれくらいの大型端末を使っている女性をよく見かけますね。

ZenFone Selfieは名前の通りカメラを強化したZenFoneです。インカメラとしては非常に珍しく1,300万画素もの高画素なレンズを搭載しています。

また、美肌エフェクトなど多彩な撮影モードが用意されているのでSNSなどに写真をアップする人にとっては非常に魅力的な機種ではないでしょうか。

可愛らしいカラーや自撮りを楽しみたい女性にオススメの格安スマホです。

ポップでおしゃれなデザイン HTC Desire 626

HTC Desire 626

5.5インチではちょっとサイズが大き過ぎる!という人には5インチ

HTC Desire 626はどうでしょうか。

珍しいツートンカラーで、楽天モバイル限定のホワイトカラーやピンクなどが販売されています。

角ばっていたりフラットなデザインだとどうしても持ちにくかったりしますが、全体的に丸みを帯びたDesire 626のボディは手に馴染んで扱いやすいです。

Desire 626もカメラ機能が豊富で、メインカメラもインカメラも10段階で調節が可能な美肌効果が搭載されています。

インカメラは500万画素ですがこれだけあれば十分でしょう。

ガラケー機能搭載の小型スマホ SONY Xperia J1 Compact

SONY Xperia J1 Compact

いやいや、5インチでも大き過ぎる!おサイフケータイや防水機能も備わった機種が欲しい。という人には4.3インチディスプレイ、SONYのXperia J1 Compactをオススメします。

ベースとなったXperia A2は約1年半前のモデルですが、元が高性能なのでまだまだ現役で使えます。

OSはAndroid 4.4 KitKat、CPUには2.2GHz クアッドコアのプロセッサーを搭載。

流石に最新のハイエンド端末には劣りますが、カメラやオーディオ機能にも力を入れていてかなりハイスペックです。

小型格安スマホとしては最上級のXperia J1 Compactも検討してみてはいかがでしょうか。



記事でピックアップした格安SIMカード

記事でピックアップしたSIMフリースマホ

Desire 626

Desire 626

HTCからも遂にSIMフリーの格安スマホが登場しました!多くの格安スマホとは違いポップで個性的...

honor6 Plus

honor6 Plus

ダブルレンズカメラにより撮影後の再ピント合わせ・デジタル絞り加工を可能にしたカメラ特化モデル。...

取り扱いMVNO業者

楽天モバイル
公式サイトを見る

Liquid Z330

Liquid Z330

本体価格が1万円台前半のLTE対応格安スマホが登場しました。Android 5.1を搭載してい...

Mate S

Mate S

Mate Sはフルメタルボディのフラグシップモデル。高性能なオクタコアCPUや便利な指紋センサ...

Xperia J1 Compact

Xperia J1 Compact

小さなボディに2070万画素の高画質カメラ搭載!クアッドコアCPUと2GB RAMでスペックも...

Zenfone Selfie

Zenfone Selfie

メインカメラも自分撮りカメラも1,300万画素の高画素で自撮りが多い方にぴったり!ディスプレイ...

ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 Laserは、SIMフリースマートフォンのエントリーモデルとして定評のある...

Zenfone 2

Zenfone 2

5.5インチ大画面ディスプレイ搭載で読書もラクラク!クアッドコアCPUでアプリもサクサク動作!...

新着記事

人気記事

  • 1 かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    2015/08/03 ビギナー必読
    かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    SIMの挿し方について説明しています。誰でもかんたんにできるので、方法を見てみましょう!
  • 2 格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    2016/03/15 ビギナー必読
    格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    ドコモメールを利用していれば、格安スマホでドコモメールの送受信が可能になります。ドコモメールは基本使用料に加えspモード(月額300円)を払えば利用できるので、通話用にドコモの携帯電話とデータ通信用の格安スマホを持てば、通信費を節約しながらキャリアメールを利用することが可能です。こちらでは設定方法を説明します。
  • 3 遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    2016/09/02 ビギナー必読
    遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    先日国内で発売されたMotorola製のSIMフリースマートフォンMoto G4 Plusは 、なんと4Gと3Gの組み合わせのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しました。遂に国内でも同時待受けが可能となったのです。しかし同時待受けが可能と聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回はデュアルSIMデュアルスタンバイのメリットとデメリットについて説明しましょう。
  • 4 楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    2016/04/22 ビギナー必読
    楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話番号でメッセージを送受信する機能です。格安スマホでもオプションに加入したり、対応プランを契約することで利用することができます。こちらでは楽天モバイルでSMSを使うために知っておくべき事項を確認しましょう。
  • 5 ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    2016/02/15 ビギナー必読
    ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    スマホユーザーなら誰でも1度はゲームアプリで遊んだことがあるでしょう。容量の軽いゲームならそれほど高いスペックは要求されませんが、3Dのオンラインゲームなど高度で複雑な処理をするものは相応の性能機器を必要とします。ゲームに適した格安スマホとはどんな端末なのでしょうか?
  • 6 格安スマホではキャリアメールが使えない!?その解決策
    2015/11/12 ビギナー必読
    格安スマホではキャリアメールが使えない!?その解決策
    いわゆる格安スマホではキャリアメールが利用できません。メールサービスを提供しているMVNOもありますが、それではキャリアメールの代替として利用できない場合があります。その解決策についてまとめます。