楽天モバイルのサポートを上手に使う方法

公開日:2016/02/09
著者:GARNET

最終更新日:

楽天モバイルのサポートについて

楽天モバイルでは大きく分けて3つのサポートサービスが提供されています。

それぞれどのようなサポートが受けられるのか、またどのようにすればサポートを受けられるのかを確認してみましょう。



アドレス帳・写真移行サービス

アドレス帳・写真移行サービス

以前使用していた携帯電話機から、購入する格安スマホにアドレス帳・写真データを移行してくれるサービスです。セット販売端末を購入する場合のみ申し込みが可能です。

データ移行が可能な端末には条件があり、スマートフォンの場合はAndroid OS 4.0以降のみが対象となっています。iOSのスマートフォン(iPhone)は対象外なのでご注意ください。

フィーチャーフォン(ガラケー)は2008年1月1日以降に発売された日本メーカー製かつSDカードスロット搭載機ならデータ移行サービスを利用できます。

データ移行を行うタイミングに関して2つのプランが用意されています。

一時お預かりプラン

楽天モバイルが委託する株式会社アワーズにデータ移行元の端末を発送し、格安スマホにデータを移行してもらうプランです。

移行元の端末が手元にない間は代替機が貸し出されるのでその点は心配無用です。

データの移行先となる格安スマホが到着してから1~4日後に代替機と端末梱包キット、買取申込書などが発送されます。移行元・移行先の端末を梱包し、移行元端末の買取を希望する場合は買取申込書と一緒に返送します。

買取なしの場合は1~2日でデータ移行が完了し、両方の端末が発送されます。到着後に代替機を返送して完了です。

移行元端末を買取ってもらう場合は査定結果がメールで送られてきます。査定金額に納得すれば承認、納得しなければ非承認の旨を連絡します。いずれの場合もデータの移行が完了次第、端末の発送が行われます。

一時お預かりプランなら日中在宅していなくてもデータを移行してもらえるのがメリットですね。同時に不要になった中古端末の買取もしてもらえます。

サービス利用料は5,000円+代替機の通話料です。

出張設定プラン

スタッフが自宅まで訪問して移行作業を行ってくれます。

こちらもセット販売端末を購入する時にオプションサービスとして申し込む必要があります。オプション申し込み後、楽天が委託する日本PCサービスから電話がかかってくるのでそこで訪問可能な日時を伝えます。

こちらのプランの場合は電話機を他人に預けることなく自宅で作業してもらえるので安心です。所要時間は基本的に10時-19時の間の1時間ですが、追加料金を払えば365日24時間いつでも対応してもらえます。

また端末の基本操作について15分ほどの簡単なレクチャーも受けられます。

利用料は11,000円と高額ですが、こういった出張サポートサービスが受けられるMVNOは珍しいです。

端末補償

端末補償

購入した格安スマホが故障した場合などに格安で端末を交換してもらえる補償サービスです。

月額利用料は500円、端末購入時のみ申し込むことが可能です。補償に加入している期間かつ1年間に2回までサービス利用可能で、交換時の負担金は機種に応じて4,000円~7,000円となります。

補償対象となるのは水没、全損、破損、故障など。盗難や紛失に関しては補償対象外なので要注意です。

また交換端末は原則同一機種の同一カラーです。在庫切れなどの理由により同一機種を提供できない場合は、楽天が決める別機種に交換されます。

その他の注意事項として、保障対象期間は補償加入月の2年後の同月末日までに限定されているので、補償サービスを利用する場合はこの期間内に利用申し込みしなければなりません。

申込方法

申込受付時間は9:00-18:00、楽天モバイル端末補償センターの連絡先は楽天モバイルの会員サポートページ「メンバーズステーション」でご確認ください。

平日16:00までの受付完了分、土日祝12:00までの受付完了分は当日中に交換端末が発送されます。

スマホサポート

スマホの操作方法全般を電話でサポートしてもらえるサービスです。

対象商品に関する初期設定やデータの移行方法、アプリ操作など様々な問題解決を手伝ってもらえます。

申込方法

月額利用料は500円。

楽天モバイル新規申し込み時だけでなく、既存会員もいつでも申し込むことが可能です。

スマホサポートの利用受付窓口は端末補償と同じく「メンバーズステーション」でご確認ください。通話料無料、年中無休(受付時間9:00-18:00)です。

まとめ

楽天モバイルは大手キャリアのように全国にたくさんの実店舗はありませんが、逆にデータ移行サービスはこちらから出向かなくとも自宅までやって来て設定してくれます。

また、スマホサポートに加入すれば低コストでサポートしてもらえますし、万が一の時に安心の端末補償サービスも用意されています。

格安スマホを使うことに不安を感じる方はこのようなサポートサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

記事でピックアップした格安SIMカード

新着記事

人気記事

  • 1 かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    2015/08/03 ビギナー必読
    かんたん!SIMカードの挿し方まとめ
    SIMの挿し方について説明しています。誰でもかんたんにできるので、方法を見てみましょう!
  • 2 格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    2016/03/15 ビギナー必読
    格安スマホでドコモメールを使うための設定方法
    ドコモメールを利用していれば、格安スマホでドコモメールの送受信が可能になります。ドコモメールは基本使用料に加えspモード(月額300円)を払えば利用できるので、通話用にドコモの携帯電話とデータ通信用の格安スマホを持てば、通信費を節約しながらキャリアメールを利用することが可能です。こちらでは設定方法を説明します。
  • 3 遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    2016/09/02 ビギナー必読
    遂にデュアルSIMで同時待受けが可能な格安スマホが登場!!デュアルスタンバイとは?
    先日国内で発売されたMotorola製のSIMフリースマートフォンMoto G4 Plusは 、なんと4Gと3Gの組み合わせのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しました。遂に国内でも同時待受けが可能となったのです。しかし同時待受けが可能と聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回はデュアルSIMデュアルスタンバイのメリットとデメリットについて説明しましょう。
  • 4 楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    2016/04/22 ビギナー必読
    楽天モバイルでSMSを使うための徹底解説!
    SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話番号でメッセージを送受信する機能です。格安スマホでもオプションに加入したり、対応プランを契約することで利用することができます。こちらでは楽天モバイルでSMSを使うために知っておくべき事項を確認しましょう。
  • 5 ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    2016/02/15 ビギナー必読
    ゲーム向きの格安スマホはどんな端末?
    スマホユーザーなら誰でも1度はゲームアプリで遊んだことがあるでしょう。容量の軽いゲームならそれほど高いスペックは要求されませんが、3Dのオンラインゲームなど高度で複雑な処理をするものは相応の性能機器を必要とします。ゲームに適した格安スマホとはどんな端末なのでしょうか?
  • 6 格安スマホではキャリアメールが使えない!?その解決策
    2015/11/12 ビギナー必読
    格安スマホではキャリアメールが使えない!?その解決策
    いわゆる格安スマホではキャリアメールが利用できません。メールサービスを提供しているMVNOもありますが、それではキャリアメールの代替として利用できない場合があります。その解決策についてまとめます。