過去のぷららモバイルLTEの格安SIM速度比較

過去のぷららモバイルLTEの実効速度データからなるレポートを掲載しています。

ぷららモバイルLTEの通信速度レポート一覧

過去2ヶ月分のぷららモバイルLTEの通信速度レポートを掲載しています。

実効速度の概況: 2015年08月版 ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEには通信量最大7GB/月の高速通信プランの他に通信速度無制限のプランがあり、これはデータ通信量に制限が無い代わりにデータ通信速度が3Mbpsに制限されます。自分にあったプランを選択しましょう。

ぷららモバイルLTEの8月の通信速度測定結果は右肩上がりに上昇していき、下旬には5Mbpsを超えました。 定額無制限プラン(最大3Mbps)と、高速通信プラン(最大150Mbps)とをあわせた結果である事を踏まえれば、大きく伸びていると言えます。 定額無制限プランを選択しても、高画質な動画などの大容量データでない限りは、快適に使う事ができるでしょう。

24時間別の測定結果を見てみると、19時に4.6Mbpsと高い速度を記録しました。 この時間帯は他のMVNOは速度が落ち込んでいる事が多いので、この時間帯に快適に使いたい場合はぷららモバイルLTEがおすすめです。

最大3Mbpsの定額無制限プランがあるため、他のMVNOと比較したランキングでは通信速度が劣って見えてしまいますが このように決して通信速度は遅くはありません。 定額無制限のメリットをしっかり活かして使う事で、賢く格安スマホを運用する事ができるでしょう。

実効速度の概況: 2015年09月版 ぷららモバイルLTE

9月15日時点

最大3Mbpsと低速な代わりにデータ容量無制限のプランと、毎月7GBまで高速通信可能なプラン、2つの大きく異なるプランを提供しているぷららモバイルLTEの傾向について見てみましょう。

8月初めは1Mbps台とかなり落ち込んでいましたが、そこから5Mbpsまで引き上げた後は9月現在まで4Mbps台をキープしています。通信品質は改善しているようです。

しかし24時間別に見てみると、午前中の通信速度の水準は上がっていますが16時以降は低下しているようです。8月は2Mbps前後を保っていましたが、9月に入ってからは1Mbps近くまで落ちているようです。

このデータには実効速度が大きく異なる2つのプランのデータが入り交ざっているため、本当の実効速度を読み取ることは難しいですが、全体的な傾向の変化から日中の通信速度は上昇したものの夕方以降は低速化していそうです。

なお都道府県別では埼玉や滋賀、愛媛で8Mbpsを超えて比較的大きな数値を示しています。

実際の速度がどの程度かは分かりませんが、そこそこの速度で完全無制限で通信できるMVNOはこのぷららモバイルLTEだけです。高速でなくても良いから大量に通信したい!というヘビーユーザーにオススメのMVNOです。

9月30日時点

ぷららモバイルLTEは最大3Mbpsと低速な代わりにデータ容量無制限のプランと、毎月7GBまで高速通信可能なプラン、内容が大きく異なる2つのプランが存在することに注意して9月の傾向を調べてみます。

9月の平均実効速度は3.9~5Mbpsあたりを推移しており、8月よりはやや高い水準になっています。上昇傾向にあるので、このまま10月も上昇し続けることが期待できそうです。

ぷららモバイルLTEは他社と異なる変わった傾向があり、夜19時頃だけ急激に速くなっています。8月も同じように19時だけ速くなっていましたが、この混雑しやすい時間帯が速くなるというのは非常に珍しいです。

ただし12時に著しく遅くなる傾向は他社と同様で、17時頃もやや遅くなっています。それでも夜間に強いというのは他社にはない魅力ですね。

全国ランキングを見ると滋賀や愛媛が比較的速い結果となっています。

3Mbpsとは本来のLTEや3Gと比べると低速ですが、それでも完全無制限に通信できる唯一のMVNOがこのぷららモバイルLTEです。格安スマホで大容量通信をしたいなら、ぷららモバイルLTEの無制限プランをオススメします。