最終更新日時:

OCN モバイル ONEの評判と他社比較

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEは他のMVNOと比べ特徴的なプランが多く、IIJ並の安定感がある格安SIMです。

特徴的な点の1つ目として、1日毎に高速データ通信量がリセットされるプランを提供している点です。
高画質のネット動画を視聴するなど短期間に大量通信する使い方はできませんが、逆に言うと短期間にデータ容量を使い果たすリスクをなくすことができます。
月末が近付くと通信制限にかかって低速化してしまう…という事態を避けられます。

特徴的な点の2つ目として、通信速度が最大500kbpsに制限される15GBプランです。
500kbpsはWEBサイトの閲覧くらいなら快適ですが、YouTubeは快適に再生が可能かどうかのギリギリの通信速度です。使い方次第ですが、使い方がはっきりした方におすすめのプランです。

他にOCNモバイルONEが優秀なポイントは、最大200kbpsの低速通信時にも3日間制限のような規制が行われないところです。
現在IIJやDMM mobileは、低速通信中に366MB/3日間以上の通信を行うと通信制限によりさらに低速化しますが、OCNモバイルONEには通信制限がありません。
低速通信中でもガンガン通信できるのは通信量を節約する上で大きなメリットです。

端末を同時購入したい場合はgoo SimSellerで購入するのがおすすめです。
端末にOCNモバイルONEのSIMパッケージが同梱されるので、これを利用してOCNを申込むと事務手数料が無料になるのです。

NTTドコモの回線を利用したMVNOのモバイル通信サービスの提供を開始しており、MVNOのシェアは上位に君臨しています。
やはり、NTTグループならではのサービス、安心感があり、格安SIMの初心者から上級者まで幅広いユーザに人気があります。

公式サイトを見る

OCN モバイル ONEの実効速度全国ランキング 2015年09月版

2015年09月版の
「OCN モバイル ONE」の 実効速度ランキング

北海道
5位
東北
8位
甲信越・北陸
8位
関東
8位
東海
8位
中国
7位
関西
8位
四国
7位
九州・沖縄
3位
OCN モバイル ONEのスピードテスト順位
北海道 5位 11.9Mbps (154件)
青森県 3位 10.7Mbps (17件)
岩手県 3位 5.1Mbps (24件)
宮城県 9位 8.4Mbps (63件)
秋田県 6位 8.0Mbps (26件)
山形県 7位 9.3Mbps (90件)
福島県 8位 6.9Mbps (40件)
山梨県 4位 11.8Mbps (57件)
長野県 5位 8.2Mbps (65件)
新潟県 7位 6.6Mbps (53件)
富山県 3位 17.5Mbps (24件)
石川県 3位 10.4Mbps (25件)
福井県 4位 11.5Mbps (16件)
東京都 7位 13.2Mbps (829件)
神奈川県 8位 10.6Mbps (335件)
千葉県 7位 16.0Mbps (156件)
埼玉県 11位 10.0Mbps (327件)
茨城県 5位 12.5Mbps (80件)
栃木県 6位 9.5Mbps (81件)
群馬県 3位 9.7Mbps (103件)
愛知県 7位 11.4Mbps (283件)
静岡県 7位 10.6Mbps (106件)
岐阜県 6位 11.9Mbps (64件)
三重県 4位 13.0Mbps (86件)
岡山県 3位 12.2Mbps (44件)
広島県 4位 12.6Mbps (75件)
島根県 3位 3.7Mbps (59件)
鳥取県 4位 5.6Mbps (25件)
山口県 4位 7.6Mbps (24件)
大阪府 8位 9.1Mbps (194件)
兵庫県 8位 11.1Mbps (92件)
京都府 3位 13.8Mbps (50件)
滋賀県 4位 12.9Mbps (40件)
奈良県 5位 5.7Mbps (34件)
和歌山県 2位 15.5Mbps (22件)
愛媛県 8位 4.4Mbps (14件)
香川県 6位 5.0Mbps (14件)
高知県 3位 8.2Mbps (25件)
徳島県 3位 9.1Mbps (22件)
福岡県 3位 19.5Mbps (184件)
佐賀県 佐賀県におけるOCN モバイル ONEの十分な速度測定データがありませんでした。
長崎県 長崎県におけるOCN モバイル ONEの十分な速度測定データがありませんでした。
熊本県 6位 5.4Mbps (16件)
大分県 2位 15.6Mbps (26件)
宮崎県 2位 10.8Mbps (24件)
鹿児島県 5位 11.6Mbps (69件)
沖縄県 3位 11.1Mbps (30件)
OCN モバイル ONEの全都道府県の実効速度のランキングをすべて見る
データ期間
データ件数
28,307件
データ提供元
RBB SPEED TEST
  • 期間中のスピードテストデータのうち、ジムーバに掲載しているMVNOの実効速度を集計しております。
  • 実効速度は、下り計測結果の平均値を算出しております。
  • 高速通信(下り計測結果1Mbps以上)のデータのみを集計しております。
  • ランキングは10件以上のデータがあるMVNOのみを対象にしております。
  • Y!mobileは純粋なMVNOではないためランキング対象としていませんが全MVNOの中でもTOPクラスです。

OCN モバイル ONEの口コミを見る

プラン
OCN モバイル ONE 音声対応SIM 110MB/日コース
業者名
OCN
回線速度
上り:1.52Mbps 下り:0.39Mbps
使用機器
スマホ/Apple/iPhone 5s
比較した業者
ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン【音声通話プラス】
使用目的
プライベート
契約月
2015年3月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

初回申し込み時に必要な料金が無料になるキャンペーン期間中だったので加入を決めた。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

使っていたiPhone 5 ソフトバンクが2年の契約満了に伴い、iPhone 5S SIMフリーを購入しました。初回申し込み時に必要な料金が無料になるキャンペーン期間中だったからです。また月額基本料が安くて利用コースを毎月自由に変更できるのもポイントでした。「OCN 光 with フレッツ」と「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」の毎月の使用料金は、セットで請求されるので、とても便利です。電話をかけるときは、通話料がお得な電話アプリ「050plus」通話料が抑えられます。

  • クッキー
    40代/男性 茨城県
プラン
SMS対応 2GB毎月
業者名
OCN
回線速度
上り:40.35Mbps 下り:1.13Mbps
使用機器
スマホ/Apple/iPhone 6
比較した業者
IIJ
使用目的
プライベート
契約月
2014年11月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

iPhoneと相性が良く、NTTドコモの回線を使用しているため、カバーエリアが広いと判断したため。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

メジャーキャリアに比べて、月の固定費が安くて済むため契約しました。メジャーキャリアのコンテンツサービスが、料金の割に利用機会が少ないと感じており、高い料金を払ってまで利用する魅力に乏しいと思っていたのが大きな理由です。OCNはNTTドコモの回線を使用しているので、地方、山間部で、つながる安心感があります。音声はほとんど使用しないなか、SMSサービスがあったので、最適と思いました。

  • ihira_biz
    50代/男性 山梨県

公式サイトを見る

OCN モバイル ONEの格安スマホを探す

arrows M03

arrows M03

メーカー OS 画面サイズ 内蔵メモリ テザリング対応 最大待受時間
富士通 Android6.0 約5.0インチ 16GB 640時間

arrows M03は富士通製のSIMフリースマートフォン。高級感あるフラットボディは、旧型M02と比べて約2倍の耐傷性を実現。美しさとタフネスさを兼ね備えた格安スマホです。

高速通信
データ量
音声通話付きSIMカード
音声通話付きSIM
データSIM 通信速度
SMSあり SMSなし
110MB/日 2,970円/月
2,390円/月
2,270円/月
262.5Mbps
3GB/月 3,170円/月
2,590円/月
2,470円/月
262.5Mbps
170MB/日 3,450円/月
2,870円/月
2,750円/月
262.5Mbps
5GB/月 3,520円/月
2,940円/月
2,820円/月
262.5Mbps
15GB/月(500kbps) 3,870円/月
3,290円/月
3,170円/月
500kbps
10GB/月 4,370円/月
3,790円/月
3,670円/月
262.5Mbps
  • 特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です。
  • 通信速度は高速通信速度下りの仕様値です。

g06

g06

メーカー OS 画面サイズ 内蔵メモリ テザリング対応 最大待受時間
クロスリンクマーケティング Android6.0 4インチ 8GB

gooのスマホ第6弾 g06 はLTE対応SIMフリースマートフォンとしては過去最安で、4インチディスプレイを搭載した今時珍しい小型スマホでもあります。

高速通信
データ量
音声通話付きSIMカード
音声通話付きSIM
データSIM 通信速度
SMSあり SMSなし
110MB/日 1,928円/月
1,348円/月
1,228円/月
262.5Mbps
3GB/月 2,128円/月
1,548円/月
1,428円/月
262.5Mbps
170MB/日 2,408円/月
1,828円/月
1,708円/月
262.5Mbps
5GB/月 2,478円/月
1,898円/月
1,778円/月
262.5Mbps
15GB/月(500kbps) 2,828円/月
2,248円/月
2,128円/月
500kbps
10GB/月 3,328円/月
2,748円/月
2,628円/月
262.5Mbps
  • 特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です。
  • 通信速度は高速通信速度下りの仕様値です。

Moto G4 Plus

Moto G4 Plus

メーカー OS 画面サイズ 内蔵メモリ テザリング対応 最大待受時間
Motorola Android6.0 5.5インチ 32GB

Moto G4 Plusは2枚のSIMカードで3GとLTEを同時に待受けできる珍しい端末です。例えば電話用にキャリアの通話定額SIMを、データ通信用にMVNOの格安SIMを挿せば、電話もネットも非常にお得に利用できるようになります。今まで2台持ちしていた人もこれ1台で済みます!!

高速通信
データ量
音声通話付きSIMカード
音声通話付きSIM
データSIM 通信速度
SMSあり SMSなし
110MB/日 3,095円/月
2,515円/月
2,395円/月
262.5Mbps
3GB/月 3,295円/月
2,715円/月
2,595円/月
262.5Mbps
170MB/日 3,575円/月
2,995円/月
2,875円/月
262.5Mbps
5GB/月 3,645円/月
3,065円/月
2,945円/月
262.5Mbps
15GB/月(500kbps) 3,995円/月
3,415円/月
3,295円/月
500kbps
10GB/月 4,495円/月
3,915円/月
3,795円/月
262.5Mbps
  • 特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です。
  • 通信速度は高速通信速度下りの仕様値です。

OCN モバイル ONEの格安SIMカードを探す

高速通信
データ量
音声通話付きSIMカード
音声通話付きSIM
データSIM 通信速度
SMSあり SMSなし
110MB/日 1,600円/月
1,020円/月
900円/月
262.5Mbps
3GB/月 1,800円/月
1,220円/月
1,100円/月
262.5Mbps
170MB/日 2,080円/月
1,500円/月
1,380円/月
262.5Mbps
5GB/月 2,150円/月
1,570円/月
1,450円/月
262.5Mbps
15GB/月(500kbps) 2,500円/月
1,920円/月
1,800円/月
500kbps
10GB/月 3,000円/月
2,420円/月
2,300円/月
262.5Mbps
  • 特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です。
  • 通信速度は高速通信速度下りの仕様値です。

おすすめポイント

①NTTドコモのXiとFOMAの両エリアに対応
②モバイル市場における独自サービス型SIMシェアNo.1
③コースは毎月変更できます。
④「050 plus」で通話料がおさえられます。

注意したいポイント

dセット割引とdセット割引2は同時に適用されません。
また、クレジットカードのみでのお支払いとなります。
容量追加オプションはお客さま専用サイトより1暦月に6回までのお申し込みとなり、
お申し込み後のキャンセルはできません

特徴と他社との比較

データ通信のプランは大きくわけて2パターンの種類があります。

●カウントフリー機能でお得なデータ通信
音声通話付SIMを選べばもれなくついてくる050 plusのIP電話機能をOCN モバイル ONEのSIMカードで利用したとき、通信利用料にカウントしない機能です。
IP電話で節約を検討している方は、注目したい機能です。
他にもOCNが提供するマイポケットと呼ばれるオンラインストレージ(Dropboxのようなサービス)のデータ通信もカウントしないため、大きなファイルや写真を転送する方はマイポケットを利用するとお特です!

●毎日使う人にオススメしたい「毎日データ通信量の制限があるコース」 毎日使うデータ量がある程度決まっている人には、使いすぎをストップできるという意味でおすすめです。
このプランを選択することによって、月中にデータ通信容量がオーバーしてしまい、翌月まで速度制限となってしまうリスクを避けることができる。
そもそも自宅ではWi-Fiを利用しており、通信料が重い時にはそのWi-Fiで通信するという人はこちらのコースが適していると思います。

●たまに大きなデータ通信をする人におススメしたい「毎月データ通信量の制限があるコース」 毎日ではなくとも、時々容量の大きなファイルを受信したりアップロードするということもあるのではないだろうか。
そのようなユーザにはこちらのコースが適していると思います。
少し気をつけておきたいのは、15GB/月コースだけ最大速度が500Kbpsに設定されている点です。
容量を多く使うユーザに人気のプランですが、YOUTUBEやニコニコ動画などの動画を見るには少し速度が遅いという利用者の声も聞きます。

●充実したオプション
格安SIMの中でもOCNは便利なオプションが充実している。
例えばその一つは「音声通話」である。
このオプションをつけることによって、080もしくは090で始める電話番号を使うことができる。
通常のプランに700円を追加するので、110MB/日コースであれば1,600円(税抜)で音声通話が使えるという計算になる。

また「容量シェア」も見逃せない。
容量シェアとは、1契約の中で複数のSIMカードをご利用の場合に、ご利用いただいているすべてのSIMカードで通信容量を共有する機能のことです。
1契約で5枚までのSIMカードを追加でき、1枚当たり450円の利用料が必要となります。

評判と評価のまとめ

気になるOCNの評判ですが、多くのユーザーから高い評価、満足度を得ています。

これはOCNが格安スマホのシェア数で常に上位に君臨していることからも推察ができます。

やはり、NTTグループの格安SIMだけあって、サービスの質や安定性が非常に高いと言えます。
今現在は5種類のプランの中でユーザーがそれぞれのニーズに合わせてサービスを自由に選ぶ形式であるが、さらなるプランの向上など今後の発展にも大いに期待できるサービスです。

もう一度言いますが、やはりNTTグループという安心感と高品質のサービスが一番の人気の理由と言えます。格安スマホの選択で迷ってしまった方におすすめです。
まずは大手のサービスを利用してみるというもの一つの手段です。

公式サイトを見る

新着レビュー

  • OCNモバイルONE徹底検証!全7項目の他社から分かる特徴とおすすめな人
    2016/08/31 ビギナー必読
    OCNモバイルONE徹底検証!全7項目の他社から分かる特徴とおすすめな人
    大手プロバイダーのOCNがMVNOとして提供している格安SIMサービスOCNモバイルONEについて、料金プランの特徴や注意点について徹底的にまとめました。7つの比較ポイントについては初心者の方にも分かりやすいように10点満点で評価してみました。またOCNモバイルONEが適しているユーザーと、そうでないユーザーについても判断するポイントをまとめてみました。万人にオススメできる完璧な格安SIMサービスは存在しません。ここでOCNモバイルONEの強みと弱みを把握し、ご自身の利用スタイルに合っている格安SIMなのかどうか判断してください。
  • 格安SIMとは?メリット・デメリットと厳選格安SIMで超節約
    2016/06/28 ビギナー必読
    格安SIMとは?メリット・デメリットと厳選格安SIMで超節約
    「格安SIM」や「格安スマホ」とよく耳にするけど、難しくてよくわからないから手を出せない。という人は多いのではないでしょうか?こちらでは、格安SIMの正体、メリット&デメリットを簡単に紹介いたします。オススメのサービスについてを触れていくのでぜひ閲覧ください。
  • 格安スマホのおすすめを50機種から厳選チョイス!
    2016/05/24 ビギナー必読
    格安スマホのおすすめを50機種から厳選チョイス!
    世の中には沢山のスマホが存在します。こちらではジムーバに掲載してきた格安スマホの中から特に厳選したおすすめの機種を紹介します。 同じ機種でも複数のMVNOで販売されているケースが多いですが、機種ごとにおすすめのMVNOも転記しております。欲しい機種は決まってるけどどのMVNOか決めていないという方は参考にしてみてください。
  • 【激安!】格安スマホの最安がいくらかを徹底検証!
    2016/04/20 ビギナー必読
    【激安!】格安スマホの最安がいくらかを徹底検証!
    本当に最安となる格安スマホって?いくらで利用できるの?料金プランは安く本体が高いということもあれば、その逆もあります。格安スマホに興味があっても、どの組み合わせにすれば良いか、中々悩ましいですよね。本記事では、2年間でかかる総費用のシミュレーションから「最安プラン」をご紹介します。
  • 留守番電話対応していない格安スマホに注意!後悔しない選び方とは
    2016/04/11 ビギナー必読
    留守番電話対応していない格安スマホに注意!後悔しない選び方とは
    格安スマホの場合、「留守番電話機能」は提供している事業者により提供されていない場合があります。また留守番電話の代わりの機能として「伝言メモ」がありますが、機種ごとに対応状況が異なります。留守番電話サービスと、伝言メモ機能機種はそれぞれどのようなものがあるのか確認してみましょう。

公式サイトを見る

MVNO業者一覧

  • IIJmio
  • OCN モバイル ONE
  • b-mobile
  • DMMモバイル
  • freetel
  • mineo
  • NifMo
  • 楽天モバイル
  • U-mobile
  • BIGLOBE高速モバイル
  • Y!mobile
  • TONE
  • UQ mobile
  • ぷららモバイルLTE
  • So-net
  • もしもシークス
  • インターリンクLTE SIM
  • イオンモバイル
  • LINEモバイル
  • nuroモバイル