過去のNifMoの格安SIM速度比較

過去のNifMoの実効速度データからなるレポートを掲載しています。

NifMoの通信速度レポート一覧

過去2ヶ月分のNifMoの通信速度レポートを掲載しています。

実効速度の概況: 2015年08月版 NifMo

老舗のプロバイダーであるNiftyが運営するNifMo。通信速度に対してもこれまでの実績から安心感があるのではないでしょうか。
実際、全MVNOのランキングでも4位(8/19時点)にランクインし、ドコモ回線系では2番手となっています。ここでは実効速度から実際の通信速度を見てみましょう

月ごとの速度の推移をみると、7月から8月にかけて徐々に速度が低下しているようにも見えます。今後の動向に注目ですね。
とはいえ、常に平均13Mbps以上と比較的速い傾向なのは間違いありません。

1日の通信速度の状況は、お昼の12時に9Mbps、夜の18時~20時で11~13Mbpsに落ち込んでいますが、けっして遅い状態ではありません。
朝の時間帯に落ち込むことはないようです。
それ以外の時間帯では20Mbpsを超え、アプリのダウンロードも快適でしょう。

全MVNOで比較したとき地域で見ればランキング上位となっています。
特に東京都が18Mbpsで1位(8/19時点)、名古屋がある愛知県が18Mbpsで1位(8/19時点)、仙台がある宮崎県が17.6Mbpsで1位(8/19時点)をとっており、首都圏で快適に使いたい方は要チェックなMVNOではないでしょうか。しいて言えば大阪が11.3Mbpsで5位(8/19時点)ですが、けっして遅い状態ではないでしょう。

実効速度の概況: 2015年09月版 NifMo

9月15日時点

8月は一旦上昇していたNifMoですが、それ以降は9月現在も実効速度は下降傾向にあるようです。ただ元々が20Mbps近い非常に高い水準だったので、14Mbpsまで下落した今でもまだまだ高速な部類といえるでしょう。

都道府県別に見てみると北海道から東北にかけては10Mbps前後と2桁を割りそうな速度ですが、愛知や静岡、大阪や兵庫では20Mbpsとその高速ぶりは健在です。データが集まっていない県も多いですが、比較的高い水準であることは間違いないようです。

24時間別のデータについて他社と比べると、混雑する時間帯でも速度が低下しにくいのかなという印象です。午前中は10Mbps以上をキープしており12時は7Mbps、18時でも6Mbpsとそこそこ頑張っています。

NifMoでは3日制限が厳格に施行されているので、急激に通信環境が悪化するようなことは起こりにくいと考えられます。1か月を通して安定して高速通信したいならNifMoがオススメです。

9月30日時点

9月上旬は18Mbpsと好調だったNifMoですが、その後10Mbps近くまで低下してしまいました。これは8月も同じような傾向を示していましたが、今回はより下げ幅が大きくなっています。

他の多くのMVNOと同じように、12時と18~21時の混雑する時間帯に速度が低下して10Mbpsを切っています。最低でも6Mbpsほどは出ていますが、先月の同じ時間帯よりも1~2Mbpsほど遅くなっているため多少ストレスに感じるかもしれません。

ランキング順位も全国的に下がっています。ただ東京・大阪・愛知では15Mbpsをキープしていますし、ドコモ系の中ではまだまだ上位のMVNOだと言えるでしょう。