過去のIIJmioの格安SIM速度比較

過去のIIJmioの実効速度データからなるレポートを掲載しています。

IIJmioの通信速度レポート一覧

過去2ヶ月分のIIJmioの通信速度レポートを掲載しています。

実効速度の概況: 2015年08月版 IIJmio

トップクラスのシェアを誇るIIJmioの通信速度は10Mbps超えを安定的に維持しています。
ユーザー数の増加とともに通信速度の懸念がされている中、全MVNOで2位(8/19時点)を維持しているのはさすがの状況なのではないでしょうか。

1日の通信速度の状況は、朝は8時に14Mbps、お昼の12時に8Mbps、夜の18時~21時で3~4Mbpsに落ち込んでいますが体感的には全然問題ないレベルでしょう。
逆にそれ以外の時間帯では20Mbpsを超えることも多く、IIJmioは通信速度の面からも安心して利用できるのではないでしょうか。

先月の7月と比較すると、7月中旬から7月下旬にかけて平均実効速度が45Mbpsもあり、それを8月と比べると何か大きな調整があったのかもしれませんね。

地域で見れば、九州・沖縄、甲信越・北陸で比較的早い結果になっています。首都圏である関東地方でも3位(8/19時点)と健闘しています。
一方、東海・関西では5位(8/19時点)以下のため、改善を希望する方は多いのでしょうか。

実効速度の概況: 2015年09月版 IIJmio

9月15日時点

先月は10Mbps→20Mbps超へ右肩上がりだったIIJmioですが、9月前半の実行速度は15~17Mbpsに落ち着いています。しかしdocomo系MVNOの中では相変わらずトップレベルの速さです。

通信速度が遅くなるのはやはり朝8時と昼12時、そして夜の18~21時の時間帯です。特に夜の平均速度は8Mbpsを切っていますので、エリアによってはアプリのダウンロードが若干時間かかる状態でしょうが、WEBブラウジングなどは問題ないでしょう。

一方で午前中や深夜などは20Mbpsを超えていますので、混雑時以外は快適に利用できるでしょう。

都道府県別に見てみると東北や中国、九州地方などで1位となっている県が多いです。

一方で人口が多い東京や愛知、大阪では4~5位に順位を落としていますが、測定データによるとこれらの都府県でも平均速度は15Mbpsを超えています。ランキングこそ上位ではありませんが、実効速度がこれだけ速ければ十分と言えるでしょう。

9月30日時点

9月に入って少し速度が落ちたIIJmioですが、その後は14Mbpsあたりをキープしており流石の安定度です。

24時間別のグラフを見てみると8月とほぼ全く同じ形をしています。極端に速度が低下するのはやはり12時と18~21時の時間帯。とは言ってもこの時間帯に7Mbpsも出せるMVNOはそう多くはないですし、十分合格点です。

実効速度ランキングでは近畿~四国に1位となっている県が集中しており、軒並み14Mbps以上を記録しています。甲信越・北陸は先月よりも少し順位を落としてしまいましたが、それでも13Mbps以上出ており全国的に頑張っていますね。

一方で長崎や石川のように、夜間の実効速度が2Mbps近くまで低化している地域もあるようです。特に長崎は8月から芳しくない状況が続いており要注意です。

しかし全体的に見ると、業界でトップレベルのユーザー数を抱えていてもこれだけ安定した通信速度が出せるIIJmioは安心感があります。よほどのことがなければ、IIJmioを選んでまず間違いはないでしょう。