IIJmioの格安SIM速度比較

気になるIIJmioの実効速度速度を地方や都道府県別にランキング表示しています。
また24時間の推移を見て混みあう時間帯の傾向の確認や、月ごとの実効速度の推移も掲載しています。ぜひ参考にしてください。

こちらに関連する記事!

  • 格安スマホや格安SIMの通信速度ってどんな感じ?通信速度について知ろう!
       大手キャリアからMVNOが提供する格安スマホへ乗り換える際、通信速度について気にされる方は非常に多いです。 「料金が安くなるのは良いけど、安かろう悪かろうじゃないの?」 確かに、格安でサービスを提供できるのには理由があります。しかし不安になる必要はありません。 MVNOが格安でサービスを提供できる仕組みと、その料金プランの特徴についてしっかり理解すれば、むしろ格安スマホの方が快適に利用できる場合もあります。 今回はまずスマートフォンの通信速度の見方を確認し、大手キャリアとの違いや、どのくらいの通信速度があればどのようなことが可能なのか?ということについて説明します。 ...

IIJmioの実効速度比較 2015年09月版

15076件の実効速度から集計した09月30日版の通信速度比較結果です。

実効速度の概況: 2015年09月版 IIJmio

9月15日時点

先月は10Mbps→20Mbps超へ右肩上がりだったIIJmioですが、9月前半の実行速度は15~17Mbpsに落ち着いています。しかしdocomo系MVNOの中では相変わらずトップレベルの速さです。

通信速度が遅くなるのはやはり朝8時と昼12時、そして夜の18~21時の時間帯です。特に夜の平均速度は8Mbpsを切っていますので、エリアによってはアプリのダウンロードが若干時間かかる状態でしょうが、WEBブラウジングなどは問題ないでしょう。

一方で午前中や深夜などは20Mbpsを超えていますので、混雑時以外は快適に利用できるでしょう。

都道府県別に見てみると東北や中国、九州地方などで1位となっている県が多いです。

一方で人口が多い東京や愛知、大阪では4~5位に順位を落としていますが、測定データによるとこれらの都府県でも平均速度は15Mbpsを超えています。ランキングこそ上位ではありませんが、実効速度がこれだけ速ければ十分と言えるでしょう。

9月30日時点

9月に入って少し速度が落ちたIIJmioですが、その後は14Mbpsあたりをキープしており流石の安定度です。

24時間別のグラフを見てみると8月とほぼ全く同じ形をしています。極端に速度が低下するのはやはり12時と18~21時の時間帯。とは言ってもこの時間帯に7Mbpsも出せるMVNOはそう多くはないですし、十分合格点です。

実効速度ランキングでは近畿~四国に1位となっている県が集中しており、軒並み14Mbps以上を記録しています。甲信越・北陸は先月よりも少し順位を落としてしまいましたが、それでも13Mbps以上出ており全国的に頑張っていますね。

一方で長崎や石川のように、夜間の実効速度が2Mbps近くまで低化している地域もあるようです。特に長崎は8月から芳しくない状況が続いており要注意です。

しかし全体的に見ると、業界でトップレベルのユーザー数を抱えていてもこれだけ安定した通信速度が出せるIIJmioは安心感があります。よほどのことがなければ、IIJmioを選んでまず間違いはないでしょう。

都道府県×MVNO別のスピードテスト結果を日付別グラフで表示します。
都道府県×MVNO別のスピードテスト結果を時刻別グラフで表示します。

日付別

(単位:Mbps) 07月30日~ 08月06日~ 08月13日~ 08月20日~ 08月27日~ 09月03日~ 09月10日~ 09月17日~ 09月24日~
IIJmio 12.1 11.1 13.0 19.8 20.7 17.9 14.0 14.3 14.2

24時間別

(単位:Mbps) 5時 6時 7時 8時 9時 10時 11時 12時 13時 14時 15時 16時 17時 18時 19時 20時 21時 22時 23時
IIJmio 23.3 24.7 21.6 15.5 21.6 22.2 20.1 9.5 16.9 20.0 17.7 15.5 13.1 7.0 8.4 7.6 6.9 10.6 16.6
場所
全国
データ期間
データ件数
15,076件
データ提供元
RBB SPEED TEST
  • 期間中のスピードテストデータのうち、ジムーバに掲載しているMVNOの実効速度を集計しております。
  • 実効速度は、下り計測結果の平均値を算出しております。
  • 高速通信(下り計測結果1Mbps以上)のデータのみを集計しております。
  • ランキングは10件以上のデータがあるMVNOのみを対象にしております。
  • Y!mobileは純粋なMVNOではないためランキング対象としていませんが全MVNOの中でもTOPクラスです。

公式サイトを見る

場所を指定して実効速度を調べる

ジムーバでは実効速度を都道府県や市町村から調べることができます。データ通信をする地域を指定してMVNOの実効速度を調べましょう!

都道府県
市区町村

IIJmioの実効速度全国ランキング 2015年09月版

2015年09月版の
「IIJmio」の 実効速度ランキング

北海道
6位
東北
5位
甲信越・北陸
4位
関東
3位
東海
4位
中国
2位
関西
2位
四国
2位
九州・沖縄
4位
IIJmioのスピードテスト順位
北海道 6位 11.8Mbps (242件)
青森県 1位 15.5Mbps (39件)
岩手県 2位 10.1Mbps (56件)
宮城県 4位 17.6Mbps (121件)
秋田県 4位 12.6Mbps (12件)
山形県 4位 11.1Mbps (74件)
福島県 2位 13.2Mbps (79件)
山梨県 3位 13.6Mbps (18件)
長野県 4位 15.3Mbps (122件)
新潟県 1位 14.0Mbps (175件)
富山県 4位 12.4Mbps (49件)
石川県 4位 9.3Mbps (58件)
福井県 2位 13.2Mbps (17件)
東京都 3位 17.1Mbps (1,375件)
神奈川県 4位 14.1Mbps (593件)
千葉県 3位 16.9Mbps (436件)
埼玉県 6位 12.9Mbps (362件)
茨城県 4位 14.5Mbps (208件)
栃木県 5位 11.2Mbps (88件)
群馬県 1位 15.0Mbps (56件)
愛知県 2位 17.5Mbps (372件)
静岡県 5位 13.5Mbps (148件)
岐阜県 3位 15.2Mbps (84件)
三重県 2位 17.3Mbps (86件)
岡山県 4位 11.6Mbps (143件)
広島県 2位 20.2Mbps (113件)
島根県 1位 12.3Mbps (19件)
鳥取県 2位 12.5Mbps (20件)
山口県 2位 13.8Mbps (25件)
大阪府 4位 14.6Mbps (409件)
兵庫県 4位 15.2Mbps (255件)
京都府 1位 16.9Mbps (121件)
滋賀県 3位 12.9Mbps (42件)
奈良県 1位 15.9Mbps (35件)
和歌山県 1位 16.1Mbps (40件)
愛媛県 1位 15.1Mbps (46件)
香川県 2位 16.4Mbps (55件)
高知県 1位 14.1Mbps (16件)
徳島県 1位 16.1Mbps (12件)
福岡県 5位 16.0Mbps (401件)
佐賀県 2位 13.2Mbps (45件)
長崎県 5位 9.3Mbps (55件)
熊本県 2位 14.1Mbps (119件)
大分県 1位 17.2Mbps (20件)
宮崎県 宮崎県におけるIIJmioの十分な速度測定データがありませんでした。
鹿児島県 4位 12.1Mbps (87件)
沖縄県 1位 18.4Mbps (26件)
IIJmioの全都道府県の実効速度のランキングをすべて見る
データ期間
データ件数
28,307件
データ提供元
RBB SPEED TEST
  • 期間中のスピードテストデータのうち、ジムーバに掲載しているMVNOの実効速度を集計しております。
  • 実効速度は、下り計測結果の平均値を算出しております。
  • 高速通信(下り計測結果1Mbps以上)のデータのみを集計しております。
  • ランキングは10件以上のデータがあるMVNOのみを対象にしております。
  • Y!mobileは純粋なMVNOではないためランキング対象としていませんが全MVNOの中でもTOPクラスです。

公式サイトを見る

過去のIIJmioの通信速度レポート

実効速度の概況: 2015年08月版 IIJmio

トップクラスのシェアを誇るIIJmioの通信速度は10Mbps超えを安定的に維持しています。
ユーザー数の増加とともに通信速度の懸念がされている中、全MVNOで2位(8/19時点)を維持しているのはさすがの状況なのではないでしょうか。

1日の通信速度の状況は、朝は8時に14Mbps、お昼の12時に8Mbps、夜の18時~21時で3~4Mbpsに落ち込んでいますが体感的には全然問題ないレベルでしょう。
逆にそれ以外の時間帯では20Mbpsを超えることも多く、IIJmioは通信速度の面からも安心して利用できるのではないでしょうか。

先月の7月と比較すると、7月中旬から7月下旬にかけて平均実効速度が45Mbpsもあり、それを8月と比べると何か大きな調整があったのかもしれませんね。

地域で見れば、九州・沖縄、甲信越・北陸で比較的早い結果になっています。首都圏である関東地方でも3位(8/19時点)と健闘しています。
一方、東海・関西では5位(8/19時点)以下のため、改善を希望する方は多いのでしょうか。