過去のfreetelの格安SIM速度比較

過去のfreetelの実効速度データからなるレポートを掲載しています。

freetelの通信速度レポート一覧

過去2ヶ月分のfreetelの通信速度レポートを掲載しています。

実効速度の概況: 2015年08月版 freetel

特徴的なMVNOが多い中でもSIMロックフリーのガラケーを発売したりする特徴的なFREETELを注目する人は多いのではないでしょうか

FREETELの通信速度は7月、8月の推移をみても安定的に10Mbpsの速度を維持しています。しいて言えば8月下旬に向かって下がっているため、今後の動向が気になるところでしょうか

1日の通信速度の状況は、朝の落ち込みとお昼の落ち込みがないところです。14時と20時に6Mbpsに落ち込みます。使っているユーザー層が他のMVNOと違うのでしょうか。

地域で見れば、通信速度のデータが足らず状況が分からない状態です。通信速度データの共有をご協力よろしくお願いします。
首都圏では東京都で5位(8/19時点)、神奈川県で4位(8/19時点)にMVNOとしてランクインしています。都心で使う方は通信速度の心配はあまり必要ないのではないでしょうか。

実効速度の概況: 2015年09月版 freetel

9月15日時点

従来はU-mobileをMVNE元としていましたが、7月より独自の通信網を構築したfreetelはまだまだ快適なようです。8月から上昇し続けていた実効速度は17Mbpsほどで落ち着きました。

24時間別に見ると混雑する時間帯でも他社ほど激しい速度低下は見られず、21時に7Mbpsとなっている以外は全て10Mbpsとかなり高速な通信が期待できます。

しかし現在の通信網でサービスを開始してからはまだ日が浅く、データも少ないので今後も安定して高速な通信ができるかどうかはまだ不明です。急激なユーザーの増加に対して設備の増強が追い付かない、といった事が起きる可能性も考えられます。

速度を気にされる方は利用者数の増加傾向に対する速度の変化を把握した方が良いでしょう。

9月30日時点

7月からレイヤー2接続(L2接続)サービスを始めたfreetel。その結果、安定して10Mbpsを超える快適な状況が続いています。

下旬の実効速度は14.6Mbpsと上旬~中旬に比べて若干遅くなってしまいましたが、月末になると速度が落ちるという傾向は8月にも見られたので10月に入るとまた回復するのではないでしょうか。

9月全体としては8月までよりも高い水準を遷移していますし、24時間別に見ても夜20時頃が少し遅いくらいで非常に良好です。

まだユーザーが少ないようで実効速度データが集計できていない県も多いですが、東京や大阪などの大都市で15Mbpsを超えており全国的に期待が持てそうなMVNOです。

ただし気を付けたいのは10月1日~31に行われる爆速体感キャンペーン。月額299円で10GBまで高速通信使い放題という魅力的なキャンペーンですが、これにより一気にユーザーが増加してパフォーマンスが低下する恐れがあります。

1か月間だけのキャンペーンなので11月以降は影響も小さくなると思われますが、10月の実効速度は低下することになりそうです。