過去のDMMモバイルの格安SIM速度比較

過去のDMMモバイルの実効速度データからなるレポートを掲載しています。

DMMモバイルの通信速度レポート一覧

過去2ヶ月分のDMMモバイルの通信速度レポートを掲載しています。

実効速度の概況: 2015年08月版 DMMモバイル

MVNOの業界最安値を標榜するDMM mobile。その「品質」がとても気になる方は多いのではないでしょうか。
ジムーバで実効速度を集計してみると全MVNOの中で6位(8/19時点)にランクインし、健闘しています。
さすが「価格を下げても通信や通話の品質はそのままに!」を掲げているだけのことはあります。

7月と8月の状況を見ると、月初と月末が約10Mbpsで中旬が約20Mbpsのサイクルあるように見受けられます。

1日の通信速度の状況は、朝は8時に13Mbps、お昼の12時に10Mbps、夜の17時~22時で3~7Mbpsに落ち込んでいますが体感的には全然問題ないレベルでしょう。
それ以外の時間では10Mbps~20Mbpsを安定的に維持しているようです。

地域別では、残念ながら通信速度のデータが足らないため全国の状況を可視化はしきれていませんが、大阪や埼玉で2位(8/19時点)など首都圏でも上位となっています。

実効速度の概況: 2015年09月版 DMMモバイル

9月15日時点

業界最安値を謳うDMM mobileですが、大手MVNOのIIJをMVNEとするだけあって通信品質も良好です。DMM mobile自体は新しいMVNOですが、あのIIJがサポートしている事業者ですのでそれだけでも信頼性があります。

実効速度の集計データが少ないですが、速度は8月から9月現在にかけて下降気味にあります。それでも10Mbps以上をキープしているので快適に通信できそうです。

24時間別のデータはIIJとほぼ同じ傾向を示しています。昼12時や夜20時頃は遅くなりがちですが、それでも7Mbps以上出ています。他の時間帯はほぼ2桁出ていますし十分でしょう。

DMM mobileは取扱い機種が豊富だったり、何より月額料金が安いので非常にコストパフォーマンスが優れています。他社の値下げにもすぐ追従するので、安心して長期間契約できます。

9月30日時点

9月のDMM mobileは12~15Mbpsあたりを行ったり来たりしていますが、業界最安値クラスでこれだけの通信速度を安定して出しているのですから流石です。

昼間は10Mbpsを少し切ってしまいましたが、夕方~夜間の通信速度はそこそこ改善しています。8月は17時以降ずっと6Mbps前後をうろうろとしていたのに比べ、9月は7~10Mbpsくらいまで引き上げています。

集計データの少なさからランキングが表示されていない都道府県が多いですが、山形・茨城・静岡などでは20Mbps近い速度が出ているようです。東京でも14.9Mbps、大阪は14.5Mbpsと都市圏でも十分な速さでしょう。

DMM mobileは他社の料金プランにすごく敏感で、値下げ発表が行われるとすぐ追従するので常に業界最安値が期待できます。それくらいトップレベルで安いのに、通信速度など品質までトップクラスなのがすごく魅力的なMVNOです。