過去のb-mobileの格安SIM速度比較

過去のb-mobileの実効速度データからなるレポートを掲載しています。

b-mobileの通信速度レポート一覧

過去2ヶ月分のb-mobileの通信速度レポートを掲載しています。

実効速度の概況: 2015年08月版 b-mobile

MVNOの老舗であるb-mobileの通信速度は、7月と8月ともに安定的に7Mbps~10Mbpsとなっています。
8月の中旬あたりにスピードがあがっているのはお盆の影響があるのでしょうか。

1日の通信速度の状況は、朝の落ち込みは特になく、12時に2Mbps、16時~22時が2~3Mbpsと比較的低速となっています。

地域で見れば、実効速度のデータ数が足らず参考になりにくいものの、秋田件で平均7.5Mbps(3位 8/19時点)と健闘しています。
ただし、他のMVNOと相対的に見た場合、決して速い状態とはいえないため通信速度にこだわらない方向けとなりそうです。

実効速度の概況: 2015年09月版 b-mobile

9月15日時点

8月は上昇傾向にあったb-mobileの実効速度ですが、9月に入ってからは8Mbps前後に留まっているようです。ストレスを感じるほど遅いわけではありませんが、ランキング順位も低く高速な部類とは言い難いです。

24時間別に見てみると多くのMVNOと同じような傾向を示しており、昼の12時前後や夕方から夜にかけては3~5Mbpsくらいまで速度を落としています。

全国的に見ても特に速い地域があるわけでもなく、通信速度を重視するのであればb-mobileは候補外となりそうです。

しかしb-mobileにはおかわりSIMという5段階定額の格安SIMが存在します。データ通信量に応じて月額500円から利用できる、非常に安価で魅力的なプランです。

高速通信はあまり期待できませんが、混雑する時間帯でも最低限の速度は出ていますし、安価で珍しい料金体系を採用しているので一考の余地はあります。

9月30日時点

b-mobileは8月よりも若干速くなり、およそ8~9Mbpsあたりを推移しているようです。

特に昼や夕方以降の混雑する時間帯において、相変わらず低速化はしているものの8月よりも1~2Mbpsくらいは引き上げています。決して速い部類ではありませんが頑張っていますね。

実効速度ランキングを見ると滋賀で15.9Mbps、兵庫で11.5Mbpsと2桁出しており、近畿ではそれなりに速度が出るようです。

b-mobileの特徴は通信速度よりもその料金プランです。定額料金が500円から始まる5段階になっており、通信量が少なければ月額料金も自動的に安く抑えられます。

毎月の通信量が大きく異なるような人にとってはかなり魅力的なプランではないでしょうか。