過去のBIGLOBE高速モバイルの格安SIM速度比較

過去のBIGLOBE高速モバイルの実効速度データからなるレポートを掲載しています。

BIGLOBE高速モバイルの通信速度レポート一覧

過去2ヶ月分のBIGLOBE高速モバイルの通信速度レポートを掲載しています。

実効速度の概況: 2015年08月版 BIGLOBE高速モバイル

老舗のインターネットプロバイダーのイメージがあるBIGLOBE。通信速度に対しても安心がある方が多いのではないでしょうか。

通信速度を月の推移でみると8月頭に落ち込んだものの、8月下旬にかけて速度が回復し、今後より早くなることを期待させる推移を見せています。

1日の通信速度の状況は、深夜と日中で大きく通信速度を変化させています。具体的には1時から6時の深夜は20Mbps~30Mbpsの速度をだしていますが、日中では10Mbps以下で推移しています。
朝の通勤時間帯や昼食時間の落ち込みは特に見受けられませんが、14時~23時の通信速度は2Mbpsから6Mbpsと比較的低速となっています。

WEBブラウジングやLINEの利用などライトなユーザーの方は問題ないでしょうが、通信速度にこだわりあるかたや、大きなファイルを頻繁にダウンロードする方はWi-Fiの環境を用意するなど使い方の工夫をした方が良いでしょう。

実効速度の概況: 2015年09月版 BIGLOBE高速モバイル

9月15日時点

8月は実効速度が一気に上昇したBIGLOBE、9月は少し下降気味です。

8月末には19Mbps、9月初めでも17Mbpsほどの速さでしたが、その後緩やかにではありますが14Mbpsまで下降しています。まだ十分な速度ではありますが、少し不安定なところが気になります。

都道府県別では北海道や山梨、福岡などで20Mbpsを超える好記録を出しています。東京や大阪などの人口が多い地域でも15Mbps以上出ていますので、これらの地域では快適に利用できそうです。

BIGLOBEも昼12時と夜21時に関しては速度が著しく低下していますが、1日を通して全体的にわりと高い水準を保っている印象です。日中に関しては8月よりも随分と改善しましたね。

全国的にも安定して良い速度が出ていて期待できるMVNOです。

9月30日時点

BIGLOBE高速モバイルの実効速度は8月末にピークだった18.5Mbpsからずっと低下し続けていますが、その低下は緩やかになりつつあります。このまま12Mbpsあたりで落ち着いてくれると良いのですが…

24時間別では例によって12時と17時以降夜間は速度が低下していますが、21時でも6.6Mbpsと耐えています。日中は15Mbps以上出ていることが多いですし、24時間安定して速度が出そうです。

実効速度ランキングでは甲信越・北陸や四国、九州で上位を占めています。また全国的にも10Mbpsを超えている都道府県が多く、実用性は問題無さそうです。

8月全体と比べると9月の方が上の水準を行っていますし、このまま調子を取り戻してほしいですね。