IIJmio タイプA arrows M03 音声通話機能付きSIM (みおふぉん) ミニマムスタートプラン

IIJmio

arrows M03

IIJmio

月額料金 初期費用 高速データ通信量 音声通話 SMS対応 留守番電話 詳細
2,983円 3,000円 3GB/月

詳細スペック

arrows M03

OS 画面サイズ 内蔵メモリ テザリング 最大待受時間 詳細
Android6.0 約5.0インチ 16GB 640時間

詳細スペック

月額料金の目安円/月

  • 端末料金
  • +
  • 通信プラン料金
  • =
  • 2,983円/月
  • ※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です。

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ディスプレイサイズは前作のarrows M02と同じ5インチ(解像度1,280×720ドット)ですが、素材は有機ELからIPS液晶へ変更されました。有機ELはそれ自体が発光するためバックライトが不要でディスプレイを薄型化しやすいというメリットがありますが、焼き付きを起こしやすいというデメリットもあります。しかしarrows M03は液晶素材にも関わらず、M02よりも約1.1mm薄くすることに成功しています。

また縦幅と横幅に関しては若干大きくなってしまいましたが重量は約8g軽量化されており、さらに角ばっていた側面は丸みを帯びて手に馴染みやすいデザインに変わりました。薄型化したこともり、M02よりも片手で持ちやすいボディとなりました。

性能スペック

CPUはQualcomm Snapdragon 410、メモリは2GB RAMを搭載。この2点に関しては前作M02から進化していませんが、OSは1世代新しいAndroid 6.0 Marshmallowを搭載しています。ハイクオリティな3Dゲームで遊ぶのは少々つらいかもしれませんが、軽いゲームで遊ぶくらいなら問題ないミドルスペックです。ジャイロセンサーを搭載しているので、ポケモンGOのARモードで遊ぶことも可能です。

内蔵ストレージも16GBのままですが、外部ストレージは最大200GBのmicroSDXCカードに対応しました。M02は32GBまでのmicroSDHCカードしか対応していなかったので、たくさんデータを保存する人にとっては大きな進化ですね。

バッテリー容量は約10%アップして2,580mAh、連続待受時間は約100時間伸びて約640時間(LTE通信時)となり、着実に改善されています。機能面では新たにワンセグが追加され、VoLTEに関しては従来通りドコモ・auの2キャリアに対応しています。microUSBポートがキャップレス防水に対応したのも地味にうれしいポイントです。

カメラ性能

メインカメラはF値2.0の1,310万画素に強化されました。F値は小さいほど明るく綺麗な写真を撮ることができます。画素数はあまり大き過ぎても画質が良くなるわけではありませんが、前作と比べると良くなっているのは間違いないでしょう。

フロントカメラの画素数が240万画素→500万画素にアップしたのは大きな進化です。

総評

前作のarrows M02と比べると、スペック表では見えにくい部分で大きく進化しています。軽量薄型化されたにも関わらずバッテリー容量は大きくなり、耐衝撃性能も約2倍にアップしています。それでいて背面がガラスのメタルフレームなので高級感があります。

相変わらずのミドルスペックですが本体価格は3万円ほどに抑えられており、充実した機能や前作から進化した点を考慮すればコストパフォーマンスの高さは健在と言えるでしょう。

2016年度後期の売れ筋端末となることは間違いありません。

このプランでできること

  • 音声通話
  • SMS
  • LINE
  • GREE
  • アメーバ
  • ポイントサイト
  • mricari
  • SMS認証
  • 2段階認証
  • インターネット
  • YouTube
  • Twitter
  • SmartNews
  • dropbox
  • facebook
  • app

関連記事

  • 【初心者も安心!】auから格安スマホへのかんたんMNP乗り換え手順
    2016/12/09 ビギナー必読
    【初心者も安心!】auから格安スマホへのかんたんMNP乗り換え手順
  • 家族で格安スマホに乗り換える人にオススメのMVNOと気を付けるポイント
    2016/10/06 ビギナー必読
    家族で格安スマホに乗り換える人にオススメのMVNOと気を付けるポイント
    大手キャリアからいわゆる格安スマホへ乗り換える場合、注意すべき点が少なくありません。特に家族で格安スマホに乗り換える場合に気を付けなければならないポイントと、オススメのMVNOについて紹介します。
  • 格安スマホとは?節約効果からおすすめの会社・プランまで徹底解説!
    2016/09/15 ビギナー必読
    格安スマホとは?節約効果からおすすめの会社・プランまで徹底解説!
    『格安スマホ』とは、MVNOと呼ばれる「通信料金が格安」の事業者が販売するスマートフォンのことを示しています。MVNOが販売しているスマホの価格はピンキリですが、通信料が破格過ぎるため格安スマホへ乗り換えるならどの機種を選んでもほぼ確実に安くなります。
  • MVNO選びをする時の比較ポイントを徹底解説
    2016/09/06 ビギナー必読
    MVNO選びをする時の比較ポイントを徹底解説
    大手キャリアと異なり、殆どのMVNOは実店舗を持っていません。分からないことは店舗で聞こう!とキャリアと同じ感覚でMVNOを利用すると、不便が生じる可能性があります。今回は、現在キャリアを利用している方に向けて、MVNO選びの際に注意すべき比較ポイントをお伝えします。
  • IIJmio徹底検証!全7項目の他社から分かる特徴とおすすめな人
    2016/08/16 ビギナー必読
    IIJmio徹底検証!全7項目の他社から分かる特徴とおすすめな人
    インターネットプロバイダーとして老舗中の老舗であるインターネットイニシアティブ、IIJが提供する格安SIMサービスIIJmioについて、その特徴や注意点について徹底的に調べてまとめました。
  • BIGLOBE徹底検証!全7項目の他社から分かる特徴とおすすめな人
    2016/08/31 ビギナー必読
    BIGLOBE徹底検証!全7項目の他社から分かる特徴とおすすめな人
    今回はBIGLOBE SIMの料金プランやサービス内容について詳しく解説します。BIGLOBE SIMには同サービスのユーザーのみが利用できるBIGLOBEでんわや、公衆無線LANサービスが無料で利用できるなど魅力的な特典があります。どちらかと言えばスマホでたくさん通信する標準~ヘビーユーザー向けのサービスです。
  • mineo(マイネオ)徹底検証!全7項目の他社から分かる特徴とおすすめな人
    2016/08/16 ビギナー必読
    mineo(マイネオ)徹底検証!全7項目の他社から分かる特徴とおすすめな人
    初のau系MVNO、そして初のマルチキャリア対応のMVNOでもあるmineoについて、その料金プランや独特なサービスについて解説します。月額料金の安さだけが格安SIMの魅力ではないということがよく分かるMVNOです。
  • SIMカードとは?格安スマホの乗り換えのための完全ガイド
    2016/07/25 ビギナー必読
    SIMカードとは?格安スマホの乗り換えのための完全ガイド
    格安スマホにしたいけど「どのSIMにすれば良いのか」「どの端末(スマホ)にすれば良いのか」「どうやってSIMカードを交換すれば良いのか」分からない方のために、今回は格安スマホの乗り換えのための完全ガイドをご紹介します。端末選びで注意すべき点にも触れます。
  • 画面サイズを比較して格安スマホを選んでみよう!
    2015/08/17 ビギナー必読
    画面サイズを比較して格安スマホを選んでみよう!
    格安スマホの選び方の一つとして画面サイズから探す方法があります。片手で操作したりポケットに入れる人は、大きすぎないサイズを選ぶ必要があるでしょう。逆にカバンに入れる方はディスプレイが大きく、見やすいものが合うかもしれません。本記事からスマホの利用頻度や使い方からどれくらいの大きさののスマホを選べば良いかが見えてくるでしょう。
  • 格安スマホの端末価格(機種代)を比較して選ぶ!オススメまとめ版
    2015/08/12 ビギナー必読
    格安スマホの端末価格(機種代)を比較して選ぶ!オススメまとめ版
    無数にある格安スマホからどうやって自分に適したものを選べばいいか分からないかたは、端末価格の比較から選んでみてはいかがでしょうか。本記事からスマホの利用頻度や使い方からいくらくらいのスマホを選べば良いかが見えてくるでしょう。