格安スマホが合う人と合わない人

公開日:2015/08/24
著者:赤坂太一

最終更新日:

格安スマホが合う人と合わない人

魅力的な料金設定、SIMフリースマホと、いい事ばかりに見える格安スマホですが、手放しで受け入れても良いものでしょうか?

電話としてキチンと使えますが、あとで気づくこと、特に細かいサポートやキャリアメールの有無といった問題点が出てきます。

今回は、格安スマホを購入してもいい人、ダメな人がハッキリとわかるような切り分けをしていきますので、自分が日頃使用しているスタイルと照らしあわせて、格安スマホ導入の可否を判断してみてはいかがでしょうか?

格安スマホを買った方がいい人

格安スマホを買った方がいい人

ここでは具体的にどんな方がに格安スマホのメリットを享受しやすいかを説明していきます。

これから説明するポイントが、「抵抗なくクリアできる!」という人は、格安スマホに合う人に該当するでしょう。
さらに、このポイントを抑えておけば、思い立った時に格安スマホをうまく運用できる条件、といった内容にもなっています。

手順書を見ながらSIMの設定をできる人

ドコモやauなどのキャリアショップでは、利用者に代わってSIMを挿したり接続設定をしてくれていました。
格安スマホではこのSIMの挿入と接続設定を自分でする必要があります。

この作業をやったことが無い人が多いかと思いますが、手順書のとおりするだけですのでこの作業をできる方は格安スマホに合うでしょう。

通話頻度が少ない

通話時間が月2時間程度の方は格安スマホのプランの方がおトクになる可能性が高いでしょう。
通話時間が短ければ短いほどおトクになります。

もしかすると、音声通話プランさえ必要ないほど、通話をしない人もいるかもしれません。
そんな場合は、データ通信プランで契約すれば、基本料金をグッと節約することが可能です。

音声通話が必要な場合は、データ通信を使用するLINEやFacebookメッセンジャーなどの無料通話アプリやIP電話で代用する、という手段もあります。

営業の職種の方でよく電話をする方は、2台持ちという手もあります。
以下で説明していますので参考にしてください。

屋外にいる時間が少なくWi-Fi環境に恵まれている

通勤途中以外、常にWi-Fiがあるところにいるユーザーであれば、パケット通信を消費しないので、キャリアの7GBものデータ通信プランを使い切れない人もいるはずです。

1GB単位で契約ができる格安スマホのプランを選択することでより節約効果が見込めるでしょう。
格安スマホを検討してみても良いでしょう。

いまはWi-Fi環境がなくてもこれから自宅のインターネット環境に無線LANルーターを導入すれば、スマホをWi-Fi接続し、パケットの消費を抑えることが可能です。

これは複数の家族回線にもいえることですので、最大接続台数をクリアする無線LANルーターを調べて導入を検討してみましょう。

2台持ちを検討できる人(サブ回線として使いたい人)

営業の職種などで電話をよくかけるかたは2台持ちを検討してみてはいかがでしょうか。
ドコモやauなどの大手キャリアが提供しているかけ放題を利用しつつデータ通信は格安スマホで節約を狙えます。

また、出張などで、自前の端末でテザリングが必要な場合、電波状況によってはメイン回線の調子が悪い場合もあります。

多くのMVNO事業者がドコモから回線をレンタルしているので、それ以外のキャリアをメインとして使っているユーザーにとって、有効なサブ回線となるでしょう。その場合はデータ通信のみのプランでも良いでしょう。

ハイエンド端末じゃなくてもOKという人

キャリアの最新スマホは、多くの端末が各メーカーのハイエンドモデルとなっている場合が多く、「そんなに多くの機能は必要ない」、「ハッキリいって使いこなせないからシンプルな機種で良い」という人も。

価格と性能のバランスがとれている2〜3万の端末を選べば、通信費が3000円から4000円程度(端末台を24回払いにした場合)でスマホを維持できます。

格安スマホのメリットも参考に

ここであげた格安スマホが合う人は、格安スマホのメリットを大きく享受できる方となります。
格安スマホのメリットに関する記事を紹介しますのでご参考にしてください。

まとめ

格安スマホが合う方は、通話が少ない方やモバイルデータ通信が少ない方、高スペックなスマホや国産スマホにこだわりがない方に向いているのが格安スマホ、といえるでしょう。

もちろん、様々な端末を使ってみたいというヘビーユーザーも、端末の性能について納得できる、またはサブ端末として使用する、などの対策を自分でできる人にとっても、格安スマホはオススメできる手段といえます。

格安スマホを買ってはダメな人

格安スマホを買ってはダメな人

次に、格安スマホを買うと苦労する可能性が高い人・向いてない人は、どのようなタイプなのでしょうか?
例を挙げていきましょう。

キャリアメールが必要な人

キャリアメールが必要な人は、まだまだ多いと思います。 自分は必要なくとも、年配の親戚などへの連絡手段にキャリアメールを使っている方も多いかと思います。

タッチパネルのスマホを使いこなしている若い層には、LINEやFacebookメッセンジャーといったチャットツールがそれに取って代わろうとしていますが、同世代以外にメッセージを送る場合は、キャリアメールが根強く使われていたりします。

特別こだわりがないかたはGmailを利用してみてはいかがでしょうか。現在一番メジャーでキャリアメール同様にメールとして利用できますし、パソコンからでも利用できるのが特徴です。

店舗でのアフターサポートをよく受ける方

スマホの使い方など困ったことがあったときにキャリアショップでサポートを受ける方は格安スマホに合わないでしょう。

大手キャリアと比べると格安スマホを提供しているMVNOのショップは少なく、同等のサポートは受けられません。

ただし、電話によるサポートなどはありますのでそれで問題ない方は格安スマホを検討してみても良いでしょう。

より高速なデータ通信が必要な人

MVNOブランドのデータ通信速度の公称値は、キャリアと同様の通信スピードという事になっていますが、実際は大手キャリアほど速度がでないケースが多いようです。

FacebookやLINE、WEBブラウジングなどを利用するレベルではこの速度の差を体感することはないでしょう。
ただ、より高速なデータ通信にこだわる方は、移行に踏み切るのは待ったほうが良いでしょう。

通話が多い人

格安スマホの通話プランは、基本料こそ無料通話を含まずギリギリまで下げられているものの、通話料金自体はキャリアよりも高く設定されています。
およそ30秒で20円ほど、というケースがほとんどです。

業種によって、通話が多い場合はキャリアの無料通話付きプランや、話し放題プランの方が安くおさまるケースもあるでしょう。

ただし、通話が多い方でも、2台持ちを検討することでデータ通信の費用を節約することもできます。
ぜひ検討してみてください。

キャリア決済を利用したい方

電子マネー系は、MVNOでも使用できるものが多いですが、キャリア系のサービスは回線契約をしていないと使えないので、今まで、そのサービスが重要だった、という人は乗り換える(もしくはサービスの使用をやめる)までに手続きや、代替サービスへの移行で手間取る可能性が高いです。

キャリア回線を選ばないサービスを使用するのがコツといえます。

格安スマホのデメリットも参考に

ここであげた格安スマホが合わない人は、格安スマホのデメリットが大きく影響する方となります。
格安スマホのデメリットに関する記事を紹介しますのでご参考にしてください。

まとめ

スマホの使い方には個人差があり、すべての人が格安スマホに合うわけではありません。

従来使い慣れている機能に関することは、代替のアイデアでカバーすることができますが、習慣となっている通話量や使用スタイルは、なかなか変えることが難しいでしょう。

ただ、日頃なんとなくダラダラ使っていて月額料金が高いと感じていた人には、これを機会に格安スマホに移るチャンスともいえますので、日々のスマホの使い方をじっくりと振り返ってみてはいかがでしょうか?

もしかすると、「キャリアのサービスは自分に必要なかった」「無駄が多かった事がよくわかった」と実感できれば、格安スマホで大きく節約することも夢ではないでしょう。

(著者:赤坂太一)

格安スマホの基礎知識

格安スマホ購入マニュアル